メイクHOW TO
2020.4.15

最旬“抜きメイク”はアイラインもマスカラも使わない!? パーリィなアイシャドウで印象的な目元に

アイライナーもマスカラも使わないで、シャドウのみで仕上げれば抜け感のある美人顔の完成♪ ヘア&メイクアップアーティストの岡田知子さんにメイク方法や使用アイテムを今すぐチェック!

“全抜き”ならラインもやめて、シャドウのみで仕上げる!

メイクがより自由になった今、おしゃれな人たちの間では目元をガッツリ抜いて目力をあえて出さないメイクもジワジワ来ています。マスカラはもちろんラインもやめて、アイメイクをミニマムにすると目力の強さとはまた違う独特のムードが生まれ、印象的な眼差しに。

いつものアイテム

202005g92-1
ブラウングラデパレット
ほのかな赤みの今っぽブラウン。
エトヴォス ミネラルクラッシイシャドー モデラートピーチ ¥4,000(限定色)

img_0013
黒リキッドライナー
柔らかい透ける黒。
カネボウ化粧品 ケイト シェードブラックライナー BK ¥800

img_0022
黒マスカラ
繊細な仕上がり。
SUQQU アイラッシュマスカラ 01 ¥4,300

 

いつものメイクはこう!

200207-0962
エトヴォスのブラウンの濃淡シャドウ(AとD)で上下のまぶたに陰影を。黒ラインを上下のまつげの間を埋めるように引き、マスカラを上下とも。ナチュラルだけど、今どきの抜け感はなし…。

“全抜き”でつくる抜け感メイク

200207-0619
“ガッツリ抜く分パーリィな質感でニュアンスづけ”

 

使用アイテム

202005g92-1
ブラウングラデパレット
ほのかな赤みの今っぽブラウン。
エトヴォス ミネラルクラッシイシャドー モデラートピーチ ¥4,000(限定色)
 

img_0018
クリームシャドウをプラス
グレーの色味が陰影を演出しながらも、繊細なパールの効果で重くならない。
セルヴォーク インフィニトリー カラー EX10 ¥3,200(限定色)

 

メイク方法

200207-0655
エトヴォスアイパレットのCを上まぶたのアイホールと下まぶたに全体に軽く入れます。セルヴォークのクリームシャドウを二重幅を目安にサラッと重ねて、さえいげない陰影と輝きのニュアンスをオン。もちろん黒マスカラもライナーもなし。ビューラーもせずに、抜け感を追求。

 

教えてくれたのは…
unnamed
ヘア&メイクアップアーティスト 岡田知子さん
顔までファッションの一部と捉えた、今どきのおしゃれメイクを得意とし、“抜け感”に も独自の明確な理論をもつ。

 

『美的』2020年5月号掲載
撮影/菊地泰久(vale.・人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/岡田知子(TRON) スタイリスト/小川未久 モデル/高瀬真奈 構成/杉浦由佳子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事