メイクHOW TO
2020.4.9

セルヴォークのカラーライナーで今っぽさをプラス! NO黒マスカラ&ライナーで透明感のある美人顔に変身!

アイメイクはしっかりめ? 時にはちょっと勇気を出して“半抜き”すれば、新鮮な透明感ある美人顔の完成♪ ヘア&メイクアップアーティストの岡田知子さんに抜け感のあるメイク方法を教えてもらいました。

“半抜き”なら黒マスカラをやめてラインをカラーにチェンジ!

もう少し目元を抜いてみたいというときは、次ステップに進み、安心安定の黒色を使わないという選択を。マスカラをやめたらアイラインもカラーにチェンジし、すべての黒を排除。ニュアンスカラーだけで仕上げるとさらに抜けて、一気に目元が今っぽくなります。

いつものアイテム

202005g92-1
ブラウングラデパレット
ほのかな赤みの今っぽブラウン。
エトヴォス ミネラルクラッシイシャドー モデラートピーチ ¥4,000(限定色)

img_0013
黒リキッドライナー
柔らかい透ける黒。
カネボウ化粧品 ケイト シェードブラックライナー BK ¥800

img_0022
黒マスカラ
繊細な仕上がり。
SUQQU アイラッシュマスカラ 01 ¥4,300

 

いつものメイクはこう!

200207-0962
エトヴォスのブラウンの濃淡シャドウ(AとD)で上下のまぶたに陰影を。黒ラインを上下のまつげの間を埋めるように引き、マスカラを上下とも。ナチュラルだけど、今どきの抜け感はなし…。

“半分抜き”でつくる抜け感メイク

200207-0282
“黒断ちして、あえて引き締めないのが今っぽい”

 

使用アイテム

202005g92-1
ブラウングラデパレット
ほのかな赤みの今っぽブラウン。
エトヴォス ミネラルクラッシイシャドー モデラートピーチ ¥4,000(限定色)
 

img_0003
カラーライナーをプラス
引くだけで旬のムードがまとえるテラコッタ。ほかにはカーキやグレーもおすすめ。
セルヴォーク シュアネス アイライナー ペンシル 12 ¥2,800

 

メイク方法

a
エトヴォスのパレットのDをアイホールに、Bを下まぶた全体に入れ、シャドウでゆるい囲み目を作ります。Cを目頭と眉下に入れメリハリを。セルヴォークのライナーを目頭からやや太めにしっかり引いた ら、目尻はやや長めに。マスカラは上下ともに塗りません。

 

教えてくれたのは…
unnamed
ヘア&メイクアップアーティスト 岡田知子さん
顔までファッションの一部と捉えた、今どきのおしゃれメイクを得意とし、“抜け感”に も独自の明確な理論をもつ。

 

『美的』2020年5月号掲載
撮影/菊地泰久(vale.・人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/岡田知子(TRON) スタイリスト/小川未久 モデル/高瀬真奈 構成/杉浦由佳子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事