メイクHOW TO
2019.11.4

ランコムのピンクシャドウで目力UP♪ ベージュのアイラインで抜け感もプラス

ナチュラルすぎるのはもうNG、濃すぎない“ちょい盛り”まぶたがこの秋のトレンドです。透明感で盛る、自然に強いヂカラを出すテクニックを、今人気のヘア&メイクアップアーティスト北原 果さんが教えてくれました!

190902-1988

ほんのりピンクのまぶたにスキンベージュのアイラインでイノセントなのに強い眼差しに

ダークカラーでもキラキラでもなく、もっと自然にイノセントな雰囲気で強い目ヂカラを出したかったら、肌と同じくらい明るいスキンベージュのアイライナーに注目。

「といっても、普通に引くだけだと弱いので、まぶたのベースにピンク+ブラウンをミックスしてごく淡くのせたピンクブラウンのくすみを仕込んでおくのが最大のコツ。その上にスキンベージュのアイラインを太めに引くと、くすませた部分とのコントラストで明るい色が際立ち、目のキワが浮き立ってこんなにパキッとクリアな目ヂカラが出せるんです」(北原さん)

目からウロコのテク、ぜひ試してみて!

使用アイテム&おすすめカラー

img_0018
A.マットな肌色のライナー。
NARS ハイピグメントロングウェア アイライナー 8221 ¥3,000

B.なめらかに描けるスキンベージュ。ほんのりピンクみのある発色でかわいらしさもオン。
コーセー ヴィセ アヴァン リップ&アイカラー ペンシル 011 ¥1,200(編集部調べ)【モデル使用】

C.ローズレッド、ピンクベージュ、ゴールド、ブラウンなどが入ったアイパレットは女らしい目元からニュートラルな目元まで作れる。
ランコム イプノ パレット 12 ¥6,800【モデル使用】

D.ほんのり青みがかった淡いピンク、ゴールド、ブラウンなどの入ったパレット。どちらかというと色白の人におすすめ。
THREE ディメンショナルビジョンアイパレット 01 ¥6,500

img_0038
マスカラは黒でなくモスグリーンで抜け感を。下を重点的に。
カネボウ化粧品 コフレドール Wカラーマスカ ラ 02 ¥2,800(編集部調べ)【モデル使用】

img_0050
血色ベージュのチ ークは頬の中央にぽわっと淡くおいて、印象をつなげて。
カネボウ化粧品 センサイ ブルーミングブラッシュ 02 ¥5,000【モデル使用】

img_0040_2
ピーチベージュで血色感をつなげながら、スフレマットの質感で締める。
シャネル ルージュ アリュール リクィッド パウダー 978 ¥4,200【モデル使用】

メイク方法

190902-2073
ランコムのパレットの淡ピンクbをアイホールから眉下まで広く入れる。同色を涙袋にも。aのブラウンを淡く二重幅に入れ、くすみ感を出す。上からヴィセ アヴァンのベージュラインを目のキワに太めに引く。

 

教えてくれたのは…
%e5%8c%97%e5%8e%9f%e6%9e%9c
ヘア&メイクアップアーティスト 北原 果さん

 

 

『美的』12月号掲載
撮影/菊地泰久(vale./人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/北原 果 スタイリスト/小川未久 モデル/椎名美月 構成/中尾のぞみ、安井千恵

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事