メイクHOW TO
2019.5.19

「赤毛穴」を消すベースメイク術|グリーンのカラー下地で優しく打ち消して

炎症を起こして赤くなってしまう「赤毛穴」は、補色であるグリーンカラーでカバーするのが正解。おすすめアイテムとメイク方法をヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんに教えてもらいました。

「赤毛穴」はグリーンのカラー下地で優しく打ち消して

「赤みを悪化させないメイクを覚えて」
小鼻の周りの毛穴は、皮脂などによって炎症を起こして赤みが出やすいもの。
「反対色であるグリーンのカラー下地を使うと、厚塗りしなくても自然にカムフラージュできます。炎症を悪化させないよう、ファンデーションも低刺激のパウダータイプを選び、パフやブラシで優しくカバーを」(長井さん)

before
p84-4
美的クラブ 安藤三佳さん(商社勤務・32歳)
「敏感肌なので、小鼻の周りは常に赤くなっています。顔全体は乾燥するのでクリームやオイルを塗ると、さらに赤くなることも。カバーするのが難しいです」

クローズアップ

すっぴん
p79-1
小鼻の周りの毛穴が炎症を起こし、赤くなった状態。皮膚が薄い部分なので、毛細血管が浮いた赤みも目立っています。

 

長井さんメイク
p84-3
グリーンのカラー下地の効果は絶大!
赤みがキレイに打ち消されています。パウダーファンデのブラシ塗りで、毛穴の凹凸もつるんと目立たなく。

使用アイテム

p84-6
赤みをカバーするグリーンの下地
肌の炎症を抑える有効成分を配合し、赤みをケア。
資生堂 dプログラム 薬用スキンケアベース CCGR SPF20・PA+++ 25g ¥2,500

p85-7
ふんわり低刺激なパウダーファンデ
ニキビや肌あれを防ぐ有効成分配合。ふわっとなめらかな仕上がり。
資生堂 dプログラム 薬用スキンケアパウダーファンデーション SPF17・PA++ 全5色 ¥3,800(ケース込み)

p84-7
毛先が丸いので肌を刺激することなく、表面を優しく磨いてツヤを出す。
ベアミネラル シームレス シェイピング & フィニッシュ ブラシ ¥4,000

p85-8
骨格を引き締めつつ、ほんのり血色をプラスするベージュチーク。
アンプリチュード コンスピキュアス チークス 01 ¥6,800

メイク方法

グリーンで赤みを丁寧にカバー

p84-1
(1)dプログラムの下地を手の甲に適量出す。指の腹にとり、頬にくるくると“なると”の模様を描くようにのばしていく。

p84-2
(2)指の腹全体を使って優しく押さえるように、均一になじませる。続けて額や鼻筋、あごにも薄くのばす。

 

パウダーファンデをそっと重ねて

p85-1
(3)手の甲に残った下地を指の腹にとり、小鼻の赤みが気になる部分に優しく重ねる。強くこすらないように注意して。

p85-2
(4)指でトントンと軽く押し込むようにして、重ねた部分が自然になじむように整える。

p85-3
(5)ファンデを付属のスポンジの1/2面にとる。スポンジの端をもって、力を入れずに内から外へと薄く塗る。

p85-4
(6)ブラシにファンデをとり、手の甲でなじませてから、小鼻〜頬の内側にブラシを回転させるように重ねてカバー。

 

ベージュのチークで小鼻の赤みを目立たせない

p85-5
(7)チークは赤みを抑え、ほんのりした血色と立体感の出るベージュをセレクト。ふんわりしたブラシを使って頬の高い部分を中心に。

\グリーンの下地の威力に感激!手放せなくなりそう/
p85-6
「グリーンの下地はくすんでしまいそうなイメージでしたが、赤みがキレイに隠れるのにびっくり。コンシーラーいらずだし、これから活用したいです!」(安藤さん)

 

教えてくれたのは…
p79-2
ヘア&メイクアップ アーティスト 長井かおりさん
女性誌やWebでその名を見ない日はない程活躍中。『テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる』(講談社)など著書多数。

 

『美的』6月号掲載
撮影/小山奈那子(人物)、西原秀岳(TENT・静物) ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/角田かおる(人物) 構成/大塚真里

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事