メイクHOW TO
2019.5.22

割れたファンデーションの修復方法があるってホント?真相を専門家に直撃!

日常生活で生まれる美容の疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は、“コスメ”について。割れてしまったパウダーファンデ、まだ使えるって…ウソ? ホント? 日本化粧品協会代表理事の小西さやかさんにお答えいただきます。

%e5%89%b2%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%87

Q:割れたファンデーションの修復方法があるってホント?

お気に入りのパウダーファンデーション。うっかり落として割ってしまった……なんて経験がある人も少なくないはず。スパッと諦めるべき?それとも、かき集めて再利用できるの?

さっそく、この疑問を小西さんにぶつけてみました! 果たして小西さんの答えは……?

 

A:本当

「使用する分には問題ありません。ただ、ひび割れた状態はとても割れやすく、そのまま持ち歩くとポーチやバッグが汚れてしまうので、基本的には自宅用にするなどの対処を。
一方で粉々になってしまった場合でも、再利用できるテクがあるのでご安心を」(小西さやかさん・以下「」内同)

 

割れたファンデーションの修復方法

割れてしまったパウダーファンデーションを、さらに爪楊枝などで粉々に砕きます。次に表面を平に整えたら、ティッシュやラップを重ね、指で押し固めてプレスしてみてください。元通りに使用することができますが、これも持ち歩きはNG

 

使わないカラー系コスメも再利用!

「買ってはみたものの、似合わないからとお蔵入りになってしまったアイシャドウや口紅、また、パレットの中で一向に減ることのない捨て色たち……。これらを生まれ変わらせるのに、とっておきのアイテムがあります。それが、“カラーチェンジャー”や“ニュアンスチェンジリップ”などと呼ばれるもの。手持ちのアイテムに重ねるだけで簡単にブルーベース、イエローベースと色味を変えることができます。新しい発見があるかもしれないので、ぜひ楽しみながらトライしてみてくださいね」

 

赤、ピンク系アイシャドウはチークに

「大ヒットした赤やピンク系アイシャドウを愛用していた人も多いでしょう。でも、ちょっと飽きちゃったかな、なんてときにはチークに使ってみて。アイシャドウそのままだと発色が強いので、1度チークブラシにとったあと、ティッシュで余分な粉をオフしてから頬にふんわりとのせるとうまくキマります」

 

 

一般社団法人 日本化粧品検定協会代表理事
東京農業大学 食香粧化学科 客員准教授
小西さやか
各種協会の顧問、学会幹事を歴任。化粧品の開発経験があり、工学修士としての科学的視点から美容、コスメを評価できる専門家「コスメコンシェルジュ」。著書9冊、累計30万部を突破。

文/木土さや

 

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事