メイクHOW TO
2019.3.29

河北裕介さん発! “くすみ赤”をキーワードにした春のトレンドメイク

大人気ヘア&メイクアップアーティスト河北裕介さんが¥2,000以下のコスメを使って春の旬顔を作ったら、華やかで、ほんの少し冒険メイクを提案してくれました。

春だけどNotパステル。くすみ赤をキーワードにした色っぽ顔が気分

201905gosyarekao1

「確かに春は、明るいパステルトーンのキレイ色がたくさん発売されるよね。でも僕はそこであえて、しゃれた女らしいメイクを提案したい。人と差をつけることでやっぱり記憶に残る女性になれるから。ポイントは、ほんのり透ける“くすんだ赤”。少し沈んだトーンなら派手に見えないし、ベタッと重くならないツヤ質感のものを選べば春らしい抜け感だってキープできる。NOチークでシンプルに仕上げるのもコツです」(河北さん)

使用アイテム

201905gosyarekao1-1

(左)
これ本当に¥350? 発色感もいいし、まさにコストパフォーマンス絶大
「縦ジワもキレイにカバーできるし、保湿力もちゃんとある。企業努力を感じます」

“#エロリップ”としてSNSでもバズっているカラー。
ちふれ 口紅 549 詰替用¥350・ケース¥100

(右)
ちゃんと陰影感の出るくすみ赤が最高。とにかく使えます
「腫れぼったくならず、しかもブラウンの延長感覚で使えるような右下のカラーが本当に絶妙! 通勤メイクにも使えます」

ヒアルロン酸やスクワラン配合でまぶたにしなやかにフィット。
クルー フーミー アイシャドウパレット believe in pink ¥1,800

メイク方法

201905gosyarekao1-2
パレット右下のくすみ赤をアイホールにのばしたら、左下のブラウンを目のキワにライン風に入れて目尻は水平に5mm延長。

201905gosyarekao1-3
リップブラシを使って、輪郭をきちんととりながら丁寧になじませて。上唇は山と山を自然につなげてややオーバー気味に。

 

教えてくれたのは…
201905gosyarekao1-4
ヘア&メイクアップアーティスト 河北裕介さん

 

『美的』5月号掲載
撮影/吉田 崇(まきうらオフィス/人物)、金野圭介(静物) スタイリスト/小川未久 モデル/加治ひとみ 構成/安井千恵

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事