メイクHOW TO
2019.2.17

「高さの異なる眉のバランスのとり方は?」「細すぎる眉はどこまで太くしていいの?」ニッチな眉悩みをプロが解決!

眉の形や生え方は千差万別だからこそ、眉メイクは奥深い! 地眉を生かしたメイクを学んで、さらに魅力を高めましょう。アイブロウスペシャリスト 遠藤さゆりさん、美眉アドバイザー 玉村麻衣子さん、『mime』代表 川島典子さんにお話を伺いました。

p178-9
美眉を手に入れたら自然と自信も湧いてきて表情までも明るく!

Q.眉が細くて、どこまで太くして良いのか基準がわかりません

A.まずは美眉の基本の位置をチェックしてみましょう!
「太さを決めたら、眉頭から眉尻に向けて徐々に細く描いてみて。チップタイプを使えばふわっと眉に」(玉村さん)
p178-3
a.肌に触れるとパウダーがクリーミーなテクスチャーに変化。思いどおりの濃さが手に入る。
ランコム スーシ パウダークリーム 05 ¥3,000

b.眉に粉末が密着し、ふんわり感が持続する。
エテュセ チップオン アイブロー アッシュブラウン ¥1,200

Q.眉をすっきり見せるためにカットしたいけれど、どこまで切って良いのか迷います

A.眉メイクをした後の“はみ毛”だけを切りましょう
p178-6
「短く切りすぎること&メイク前に切るのは絶対NG。眉を描いた後、ちょこっとはみだしている箇所を切るだけで充分です」(川島さん)

Q.顔の中で存在感のありすぎる濃い眉毛は、どうしたら顔全体になじませることができる?

A.スタイリング効果のあるジェルで整えるだけでOK
「眉マスカラで色を緩和させるのも手ですが、クリアジェルで毛と毛の間に空気を入れ込むように仕上げるだけでも洗練された眉に」(遠藤さん)

p178-1
a.眉の毛流れをしっかりキープできる、セット力の高さが魅力。
アディクション アイブロウ マニキュア ティアドロップ ¥2,800

b.ツヤを与えながら、毛流れを素早くフィックスさせる。
SUQQU ボリューム アイブロウ マスカラ 04 クリア ¥3,000

Q.眉尻がなくて、うまくカーブがキマりません

A.目尻のフレームと平行になるように意識して描いてみて
p178-7
「黒目の外側の上~目尻に向かうカーブと平行に眉山~眉尻を描くと、横顔も美しい」(玉村さん)
「眉尻の基本の位置も確認して」(川島さん)
p178-8

これもおすすめ!
p178-4
キレイなアーチを描けるよう、日本人の骨格に合わせて設計された形状。
リューヴィ 美眉テンプレート 2種1セット ¥1,886(通販専売品)

Q.左右で高さの異なる眉は、どこで合わせるべき?

A.眉頭の位置をそろえるだけでもOK
p176-7
「眉間の中心から同間隔の位置に、高さと角度がそろった眉頭を描くだけでもバランス良く見えます!」(玉村さん)

Q.すっぴん眉に自信がなくて、友達や彼の家に泊まるのが恐怖。お助けアイテムを教えて!

A.数日だ消える眉タトゥーを使ってみては?
「旅行など、どうしてもってときは“眉ティント”を使ってみるのも手。地肌がほのかにブラウンに色づくので、すっぴんでも眉があるように見えますよ!」(玉村さん)
p178-10
眉を元気にする美容成分でケアしながら、ティントができる。
フジコ フジコ眉ティントSV 01 ¥1,280

Q.眉頭しかない麻呂眉で、いかにも描き足した感が…。どう描けばナチュラルに仕上がりますか?

A.立体感と抜け感を意識して仕上げてみましょう!
「本物っぽく描くには、やはり眉の“影”も必要」(川島さん)
「違うアイテムを使い分けるのもひとつの手段」(玉村さん)

p178-5
眉に自然な陰影を出すアイブロウリキッドライナーと、繊細な眉毛を1本1本表現するアイブロウぺンシル、そして毛並みを作るアイブロウマスカラの3つのアイテムがセットに。絶妙な密度感と抜け感で、地眉そのもののような立体的な眉作りをかなえる。
イプサ クリエイティブ アイブロウ エレメンツ 02 ¥5,000

 

教えてくれたのは…
p174-1
旬眉もケア方法もすべてお任せ!
『mime』代表 川島典子さん
骨格や毛の生え方だけでなく、その人の雰囲気やライフスタイルを考慮し、形や色など多面的に提案。眉のメイク製品開発にも注力している。

p174-2
理想にいちばん近い眉メイクを提案
美眉アドバイザー 玉村麻衣子さん
ファッションやシーンに合わせたアイブロウメイクをセミナーなどで指導する。著書『目元で、人生の9割が決まる』(KADOKAWA)も人気。

p174-8
自分らしい美眉を引き出すプロ
アイブロウスぺシャリスト 遠藤さゆりさん
アイブロウトリートメントのパイオニア『アナスタシア』で活躍中。人それぞれの顔立ちに合わせた、オンリーワンの眉を提案している。

 

『美的』2月号掲載
撮影/青柳理都子(人物)、中田裕史(RED POINT/静物) ヘア&メイク/レイナ モデル/夏海 構成/飯島直子・小内衣子(PRIMADONNA)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事