メイクHOW TO
2019.2.5

「自分に似合う眉の太さは?」眉のエキスパートがズバッと解決! 美眉になるためのQ&A

キレイな眉を描くために、まずは基礎知識をおさらい。知っているようで実は知らなかった、美眉作りのベストなアイテム選びやバランスのとり方とは!? アイブロウスペシャリスト 遠藤さゆりさん、美眉アドバイザー 玉村麻衣子さん、『mime』代表 川島典子さんにお話を伺いました。

Q.美眉になるために絶対にそろえるべきものは?

A.パウダーやスクリューなど、5つのアイテム
プロ3人が声をそろえて上げたのは、パウダーやぺンシルなどをはじめとする眉を描くためのコスメと、眉の毛流れを整えるスクリューブラシとクリアジェル。そして綿棒!

p174-3

a.立体的に仕上げる、こだわりの配色がセットイン。
MiMC ミネラルプレストアイブローデュオ 02 リッチブラウン ¥4,000

b.美眉を描くための2種類の必須ブラシが1本に。
アナスタシア デュオブラシ ¥4,200

c.1.7mmの極細芯だから繊細な毛を再現できる。
コーセー ヴィセ リシェ ソフト&スリム アイブロウ ぺンシル BR301 ¥800(編集部調べ)

d.整った毛流れが24時間持続。
ボビイ ブラウン ウォータープルーフ ブローシェイパー 01 クリア ¥3,500

e.失敗したとき、これでさっとオフ。
綿棒(私物)

Q.パウダーやリキッドなど、アイテムの使い分けが今イチわかりません

A.眉の色や毛質をどう出したいかで選びましょう
「色がふんわりのるパウダーは眉のうぶ毛感を演出することができ、ぺンシルやリキッドは毛1本1本を再現できますよ」(遠藤さん)

Q.眉頭、眉山、眉尻の本来あるべき位置ってどこですか?

A.顔の中心から延びたこの3点
p174-9
「眉頭は小鼻のつけ根の延長線上に、眉山は鼻の中心→黒目の中央を通った直線上に、眉尻は下唇の中央→目尻を結んだ線上にあるのが理想的」(川島さん)

Q.色がたくさんありすぎて、どの色のアイブロウを選んでいいのかわかりません

A.髪よりも少し明るめを使ってみて
「髪よりワントーン明るくすると抜け感も出ます。ただし、明るすぎると老け顔に見られる場合もあるので注意して!」(川島さん)

Q.自分に似合う眉の太さが知りたいです

A.目の縦の長さ:眉の太さ=1:1/2〜2/3
p174-10
「切れ長の目の人は目の1/2くらいを目安に、大きな目の人は目の2/3程度の太さにすると、バランスが良く見えますよ」(玉村さん)

Q.眉マスカラの色選びにいつも失敗します。おすすめのアイテムって?

A.10人中8人にマッチするのはコレ!
p174-11
「高確率でマッチするのはインテグレート。迷ったときは誰にでも合いやすい、アッシュブラウンの色味を選んで」(玉村さん)

p174-6
べタッとしないパウダリーな質感で、女性らしい眉を演出。
資生堂 インテグレート ニュアンスアイブローマスカラ BR672 ¥800(編集部調べ)

Q.真っ黒な髪色の人はどんな色の眉マスカラを使えばあか抜ける?

A.眉マスカラをあえて使わないのも手
「ほのかに色づくアイブロウジェルやアッシュ系がおすすめですが、必ず使わないといけないというわけではないですよ」(玉村さん)

p174-5
a.クリアブラウンだから地眉を生かしてカラーリング。
カネボウ化粧品 ケイト ジェルアイブロウコート EX-1 ¥920(編集部調べ)

b.眉の色を和らげて、柔らかな印象に。
リンメル プロフェッショナル 3Dブロウ マスカラ 004 オリーブブラウン ¥1,200

Q.眉を整えるときにあると便利なアイテムは?

A.眉用シェーバーとハサミ
「眉周りのムダ毛や、少し長い眉毛を切るときは、小さな刃の眉用シェーバーとハサミがあれば簡単&スピーディ」(玉村さん)

p174-4
a.眉だけでなく、顔のうぶ毛も剃れる。
パナソニック フェリエ フェイス用 ES-WF61-P(マユカバー・マユコーム付き) ¥3,500(編集部調べ)

b.ネック箇所がカーブしているから、視界を遮らないで毛の処理が可能。
貝印 プチアイブローレザーL 3本入 ¥300

c.切りたい1本を狙ってカット。
貝印 オシャレハサミ ¥600

 

教えてくれたのは…
p174-1
旬眉もケア方法もすべてお任せ!
『mime』代表 川島典子さん
骨格や毛の生え方だけでなく、その人の雰囲気やライフスタイルを考慮し、形や色など多面的に提案。眉のメイク製品開発にも注力している。

p174-2
理想にいちばん近い眉メイクを提案
美眉アドバイザー 玉村麻衣子さん
ファッションやシーンに合わせたアイブロウメイクをセミナーなどで指導する。著書『目元で、人生の9割が決まる』(KADOKAWA)も人気。

p174-8
自分らしい美眉を引き出すプロ
アイブロウスぺシャリスト 遠藤さゆりさん
アイブロウトリートメントのパイオニア『アナスタシア』で活躍中。人それぞれの顔立ちに合わせた、オンリーワンの眉を提案している。

 

『美的』2月号掲載
撮影/青柳理都子(人物)、中田裕史(RED POINT/静物) ヘア&メイク/レイナ モデル/夏海 構成/飯島直子・小内衣子(PRIMADONNA)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事