メイクHOW TO
2018.12.23

乾燥が原因で老け顔に!? 潤い&血色感UPのチークお直しテクニック

老け顔の原因は“乾燥”にあり! 「メイクが崩れたな」と思ったら、潤いチークを使ったお直しで色っぽ顔に変身しましょう♪

ツヤの高いハイライトと青みピンクのジェルチークを1:1で混ぜて艶めく血色感を

p86-1
オフィスの空調に1日当たって乾燥した肌は、パウダー系でお直ししてもさらに乾燥を呼んで失敗の元。保湿効果もあるリキッドハイライトとジェルチークを混ぜて頬に広くのせると、みずみずしいツヤ感がのって肌のパサつき感を一気に払拭。混ぜるチークの青みピンクは幼な顔タイプならではのかわいさを程よいクールに転換し、血色感と共に透明感を引き出します。

使用アイテム

【a ハイライト】ぬれツヤが仕込めるピンクのリキッドハイライト
p86-4
みずみずしいツヤ感のピンク系リキッドハイライト。
パルファム ジバンシイ タン・クチュール・ラディアント・ドロップ 01 ¥6,300

【b チーク】あえてのノンパールな青みピンクのジェルチーク
p86-3
ハイライトと混ぜるため、ノンパールで発色のいいチークが◎。
ジルスチュアート ビューティ チーク&アイブロッサム 05 ¥2,300

メイク方法

p86-2
(1)aのリキッドハイライトとbのジェルチークを手のひらで1:1の割合で混ぜる。

(2) 混ぜてできたツヤチークを空豆のような形に入れる。丸く入れるのではなく、上側を目のカーブに沿ってへこませることで大人っぽさアップ。

『美的』1月号掲載
撮影/川崎一貴(MOUSTACHE/人物) 金野圭介(静物) ヘア&メイク/ paku ☆ chan(ThreePEACE) スタイリスト/小川未久 モデル/千国めぐみ 構成/中尾のぞみ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事