メイクHOW TO
2018.5.26

女子会前のメイク直し|ツヤ肌復活&ちょい盛りアイメイクで周りに差をつける!

[女子会前のメイク直し]オフィス、女子会、デート、アウトドア…ちゃちゃっとキレイにメイク直しするのって、意外と難しい… 特に夏は大変!お直しは、その後の予定に合わせて方法を変えるべき!と、人気ヘア&メイクアップアーティストの林 由香里さんがシーン別に教えてくれました。

女子会前の”盛り”直し

p127-13

ポイントは・・・肌と目元

ヤル気マンマンな盛りすぎメイクはちょっぴりイタく見えてしまう女子会シーン。夜のお店の薄暗い照明にも映えるツヤ肌&さりげなく輝いておしゃれ感のある目元をポイントに程よく“盛り直し”を。

【POINT 1】 夜の照明映えするキラメキを目元にトッピング

p127-12
ワインビストロや夜カフェなど、ムードある薄暗い照明に映えるのは、肌になじみながら奥行き感と繊細なキラメキを添えてくれるアイシャドウ。アイホール全体にサラッと、さらにまぶたの中央に重ねづけすると美人Eyeに。

使ったのはコレ!
p127-8
しっとりと密着感が高いもの、さらに色味は落ち着いたオレンジ系を選ぶと、よりこなれた仕上がりに。

(左上)エレガンス クルーズ アイカラー プレイフル VI04 ¥1,800 

(右上)コスメデコルテ アイグロウ ジェム PK881 ¥2,700 

(下)ジルスチュアート ビューティ ジェリー アイカラー(スパークル) 15 ¥2,200 (限定発売中)

【POINT 2】ニュアンスパープルラインで目元におしゃれ感を

p127-11
疲れが出がちな夕方は目ヂカラが落ちてしまいがち。写真を撮ることも多いので目を自然にくっきり見せるメイクを意識したい。アイラインはソフトに目ヂカラを引き上げるダークパープルでさりげなく差をつけて。

使ったのはコレ!
p127-9
目尻のラインはスッと横に3mm程のばし、写真映えキレ長効果を狙って。描いたラインのアウトライン(外側)にササッとPOINT 1のアイシャドウを重ねるとおしゃれ感がアップ。

(左)コスメデコルテ ラスティング ジェルアイライナー PU101 ¥3,500

(中)SUQQU ジェル アイライナー ペンシル101 ¥3,200(限定発売中)

(右)ランコム コール イプノ ウォータープルーフ 04 ¥2,700 

【POINT 3】練りハイライトで立体感&ツヤをプラスして美人度アップ

p127-10
「なんだか調子良さそう」「疲れていない!?」などと肌を見て判断し合う女子会。だからこそ肌はツヤっと美しく元気に見せたいもの。
お直し時には、手軽にツヤを足せる練りハイライトが有効。頬骨の上に指でポンポンと。

使ったのはコレ!
p127-7

(左上)オイル×パールの相乗効果でぬれたようなツヤ肌に。
カネボウ化粧品 ルナソルラディアントスティック 01 ¥3,000

(右上)乾いた肌にもしっとりなじみ、ハリツヤアップ。
Koh Gen Do マイファンスィー アクアファンデーション イルミネーター IL01 ¥2,250 

(下)シルクやシアバターを配合。ギラギラしすぎず内側からわき出るようなツヤを。
ローレル shiro シルクハイライター 8A01 ¥4,400

『美的』6月号掲載
撮影/長谷川 梓(人物)、恩田はるみ、七五三木史織(静物) ヘア&メイク/林 由香里(ROI) スタイリスト/角田かおる モデル/安座間美優 構成/門司紀子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事