メイクHOW TO
2018.4.16

脱・幸薄!“薄めシンプル顔さん”はハイライトでメリハリ肌へ|タイプ別メーク診断

顔の広範囲を占める「肌」に美しいツヤを仕込めば、必ずキレイは手に入ります。でもツヤを入れるべき場所、入れちゃダメな場所は、その人の顔タイプによって実は変わってきてしまいます。あなたはどのタイプに当てはまる? まずは自分の顔タイプをチェックして!
>>https://www.biteki.com/make-up/make-up-face-catalog/266838

【薄めシンプル顔】
ハイライトのピンポイント使いでメリハリの効いたツヤ肌へ

201805gtsuyamap180210-%e7%be%8e%e7%9a%84-0313

ツヤとマット。相反する質感の共演から絶対的な立体感と自然な華やかさが開花!
ハイライトを広めに入れると光が分散し、顔の印象がぼやけることも。顔だちがのっぺりしがちな薄めシンプル顔さんは、ハイライトを狭い範囲へ狙い打ちし、パーツのエッジをきちんと立たせましょう。マット肌にすればハイライトとのコントラストが高まり、より華やかな印象に。

 

NG 全顔にツヤを盛るとフラットになる!!
p65-2

【ツヤPOINT】ファンデーションはマットタイプがベスト

p64-1
ハイライトを効かせて立体感を浮き彫りするには、マットタイプのリキッドファンデーションが好都合。
ピンクやベージュなど、肌色にリンクする色味を含んだハイライトを選べば色浮きせず、洗練された仕上がりに。

201805gtsuyamapbitema21402

右)カバー効果とくずれにくさを追求しながらも、つけ心地は軽くて開放感抜群。
ディオール ディオールスキン フォーエヴァー アンダーカバー 全6色 ¥5,500

左)肌の凹凸に密着してカバーした後、パウダリーに変化し、軽くてさらさらの仕上がりをキープ。
カネボウ化粧品 ケイト パウダリースキンメイカー 全6色 ¥1,600(編集部調べ)

201805gtsuyamapbitema21406

右)ピュアな輝きを放つ、ジェルクリーム状のイルミネーター。ベースがベージュ系だから、肌から浮かずに立体感アップ。
資生堂インターナショナル SHISEIDO シンクロスキン イルミネーター ピュアゴールド ¥3,800

左)まろやかな立体感を生み出すソフトピンクのリキッドハイライター。
メイクアップフォーエバー ウルトラHDソフトライト 20 ¥4,400

【ツヤPOINT】オレンジ系メイク下地を使ってヘルシー感も仕込む!!

p64-2
くすみを払拭し、フレッシュでイキイキとした印象を肌に与えるのが、オレンジ系メイク下地のいい所。ベースに使うことで、マットファンデーションを塗っても老けて見える心配がありません。顔の中心部をメインに塗り、ヘルシー感はもちろん、立体感も欲張って。

201805gtsuyamapbitema21404

右)半透明のジェルが肌をなめらかに整えながら、ヘルシー美肌へトーンアップ。
RMK ベーシック コントロールカラー N 04 ¥3,500

左)溶け込むようになじんだ後は、ファンデーションののりがいいシルキーな肌触りへ。
イヴ・サンローラン・ボーテ ラディアント タッチ プライマー オレンジ ¥6,300(限定発売中)

 

『美的』5月号掲載
撮影/向山裕信(vale、人物)、河野望(静物) ヘア&メイク/paku☆chan(Three PEACE) スタイリスト/小川未久(人物) モデル/千国めぐみ 構成/北川真澄

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事