メイクHOW TO
2015.5.16

ゲッ…私も!勘違い女子多数「カール長持ち」効果的ビューラーテク

あなたは「なんかこのビューラーよくないかも……」「夕方になるとまつげが下向くのはなぜ?」と嘆いたりしていませんか? 実はそれ、ビューラーの使い方次第で解消できること。

まつげをうまくカールできないと、目力は半減してしまいます。そこで今回は、実はできていない人の多い、ビューラーの正しい使い方を確認していきましょう。

 

■正しいビューラーの使い方

まつげが上下にしっかりカールしていると、その分目が上下に広がって見えるので、デカ目効果が得られます。アイメイクは、ビューラーの使い方にかかっているといっても過言ではないのです。では、正しい使い方を見ていきましょう。

(1)ビューラーの角度

上向きまつげを作るための重要なポイントは、ビューラーの角度です。まずは上のOK写真のように、ビューラーの挟むところが顔と水平になるように持ちましょう。手首を下げるとよいです。

その状態でまつげの根本をはさんでクセをつけたら、そこから徐々に手首を返して角度をつけながら、まつげの先端まで5段階程度はさみます。これでいつもよりカールがキレイに出るはず!

(2)ビューラーのゴムの取り換え

しばらくビューラーを使っていると、まつげに当たる部分のゴムに割れ目ができてしまいます。取り換え用のゴムが販売されているので、割れてしまったら取り換えるようにしましょう。またビューラーを使うたびに、付いた汚れはティッシュなどでふき取るようにしてください。

(3)ホットビューラーの併用

ビューラーでクセをつけてマスカラを塗ったら、仕上げにホットビューラーを使いましょう。これが長時間カールをキープするポイントです。下まつげのカールも付けやすいので、ホットビューラーはとっても便利!

使い方の注意は、きちんと温めてから使うこと。製品によって温まる時間は異なるので、取り扱い説明書をご覧ください。

またビューラーをライターで温める方もいらっしゃるようですが、危険な上、ゴムの劣化につながるのでおすすめできません。ホットビューラーは、1本持っておくと便利ですよ。

 

いかがでしたか? これまでまつげがキレイに上がらないのをビューラーのせいにしていた方! ぜひ上記のポイントに気を付けて、上向きまつげを長時間キープしてみてくださいね。

 

初出:美レンジャー  ライター:継田理恵

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事