メイクHOW TO
2018.1.12

顔タイプ別! 面長さんは大人っぽかわいいチークでスッキリ小顔みせ

面長さんは、シェーディング効果弱めのローズブラウンを、頬の下めに小さな”ひし形”に入れるのがおすすめ。頬の高い部分の下に影が入るので、ふわっと頬がリフトアップされ柔らかなハリが出て、面長印象を弱めます。さらに、頬の下がポッと赤くなるので可愛らしく、高揚したような表情に。でも、丸く入れるより入れる形がひし形で角があることで可愛くなりすぎず、大人っぽい仕上がりが今どきです。

kd_20171003%e7%be%8e%e7%9a%84_0724

使用アイテム

kd_img_0002
パレットの下2色を使用。面長さんはブラウンが濃いと頬がこけて見えやすいので淡いブラウンに赤み強めのローズブラウンがベスト。粒子が細かく鮮やかになじむタイプ。
ジルシチュアート ブルーミング デューオイルインブラッシュ 08 ¥4,500

メイク方法

rekd_20171003%e7%be%8e%e7%9a%84_0746
1. ジルのチークの下に2色の色を混ぜ人差し指の指先の第1関節にとる。

2. 目の下1本分あけ、頬骨の上で目尻より少し内側に指先が来るように人差し指を斜めに置く。スタンプを押すように色付けて、そのまま下方向に2回スタンプ。頬の下め、やや外側の位置に”ひし形”を作る。下の頂点は口角の少し上に。

3. “ひし形”をキープして指でなじませる。

 

 

『美的』1月号掲載
撮影/中島 洸(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/林 由香里(ROI) スタイリスト/小川未久 モデル/上西星来(TOKYO PERFORMANCE DOLL)、土屋巴瑞季 デザイン/Jupe design 構成/中尾のぞみ、柏熊菜菜子(本誌)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事