メイクHOW TO
2017.11.28

最旬メイクのポイントは、目尻に効かせた太めカラーライン!

「秋冬ならではのボリュームある服に映えるのが、ニュアンスカラーの太めライン。ただし全体に引くと古くさくなりがちなので、目尻側だけにピンポイントで効かせるのがコツです。黒のようで黒じゃない色でこなれ感を出しつつ、ぱっちりとした目元に」(ヘア&メイクアップアーティスト・岡田知子さん)

赤みパープルの目尻太めラインでスパイシーなアクセントをオン

491

使用アイテム

493
A. リッチな発色を実現するクリームアイライナー。ジャー中央のV字突起は、ブラシについたクリームを調整するためのもので使い勝手も抜群。
資生堂インターナショナル 資生堂 インクストローク アイライナー VI605 ¥3,500

B. 肌に溶け込むようになじむシャイニーグレー。
資生堂インターナショナル プレイリスト インスタントアイコンプリート マルチプルカラー GYg39 ¥3,000(編集部調べ)

メイク方法

_492
Bのシャドウをアイホールにグラデでなじませ、Aは黒目の真ん中より少し外側から入れ、目尻は水平気味に5mm延長。

その他の使用アイテム

494
とろけるようなテクスチャーで密着するカシスレッド。高い保湿力も◎。
ロレアル パリ シャインオン 907 ¥2,000

 

教えてくれたのは…

ヘア&メイクアップアーティスト・岡田知子さん

 

『美的』12月号掲載
撮影/菊地泰久(vale./P.46、48〜50、52〜56、59)、中村和孝(まきうらオフィス/P.47、57)、三瓶康友(P.51、58)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/犬木 愛(agee)、河北裕介、KUBOK(I Three PEACE)、岡田知子(TRON)、中山友恵(Three PEACE)、笹本恭平(ilumini.)、河嶋 希(io) スタイリスト/辻村真理(P.46、49、52〜53、56、59)、木津明子(P.47、57)、小川未久(P.48、50〜51、54〜55、58)モデル/宮本茉由、森 絵梨佳、千国めぐみ、有村実樹(本誌専属)、スミス楓、泉 里香、武居詩織 デザイン/ Jupe design 構成/安井千恵

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事