メイクHOW TO
2017.7.7

地味顔に悩んでいるなら、立体感をつけられるシェーディングにトライ!

“大人キレイな顔”を目指すために、重視したいのは土台となる肌。顔タイプ別に、おすすめのメリハリをつけるアイテムをご紹介します!

 

地味顔ならこっち!

シェーディングで彫りを作ってシャープにメリハリを出す

170325-0410シェーディングの影と、ハイライトの光。対照的な存在だけれど、立体感をつけるという目的は同じ。どちらを使うか迷ったときには、顔立ちで判断するのが正解なんです。骨格がフラットな地味顔さんは、ハイライトを使うとより膨張しかねないので、影で彫りをつけていく方法がマッチ。その陰影感が大人っぽさにもつながります。

How to make-up
170325-0476フェースラインと、頰骨の下に沿って斜めにオン。さらに目頭にもちょこっと入れて彫り深に。

使用アイテム
_mg_7516ランコム ル ブロンザー&ブラッシュ 02 ¥6,500(限定発売)

 

その他使用アイテム
_mg_7454アユーラ ブーケカラーアイズ   BE01   ¥3,500

 

_mg_7436ディオール ディオール アディクト ラッカー スティック 924 ¥3,900

『美的』7月号
撮影/菊地泰久(vale./人物)、金野圭介(静物) ヘア& メーク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/小川未久 モデル/千国めぐみ、花梨、藤野有理 デザイン/ Jupe design 構成/安井千恵、野澤早織

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事