メイクHOW TO
2023.3.2

山田杏奈さん|いつものブラウンメイクが一気にあか抜ける! セルヴォークの映えイエローリップ

イエローのメイクってちょっと奇抜に見える…?いいえ、じつは思った以上に肌なじみが良いんです!今回は人気ヘア&メイクアップアーティストの笹本恭平さんが、ちょっと難しいキャラメルイエローリップを映えさせるテクを紹介してくれました。サクッと顔のトーンも上げてくれて、おしゃれ顔にもなれちゃうイエローメイクに挑戦してみませんか?

フレッシュ に見せるにはイエローを映えさせる


数年前から定番化したキャラメルイエローのリップ。カッコいいけれど、マニッシュに見えたりくすんだりとつけこなせない人はぜひ、この笹本テクで攻略を!

「このリップを主役に決めたら目元やチークは赤み系で女っぽく。すると、唇のイエローとのバランスで中和されて、全体が“ひとさじの色っぽさ”を感じる、フレッシュな今どきのバランスになります」(笹本さん)

 

いつものブラウンメイクが一気にあか抜ける映えイエローリップ

使用アイテム


A.エレガンス エタンセル アルモニーアイズ 01 ¥3,850

エタンセル アルモニーアイズの詳細はこちら

B.エテュセ アイエディション(ブロウマスカラ)EX 01 ¥1,430(4月20日発売)

アイエディション(ブロウマスカラ)の詳細はこちら

C.シャネル ボームエサンシエル ルージュ フレ ¥6,600(3月24日限定発売)

D.きちんと発色しながら、“素の唇”を感じるシースルー発色。ほんわり血色を足すティント効果、プランプ効果、ケア効果もうれしい。
セルヴォーク アラウズ リップス 02 ¥3,960

アラウズ リップスの詳細・購入はこちら

E.明るいツヤがのるクリームイエロー。ハイライト的に使用。
アディクション ザ アイシャドウ クリーム 114C ¥2,200(限定品)

ザ アイシャドウ クリームの詳細・購入はこちら

 

メイク方法

赤みブラウンの目元とチークの色っぽい雰囲気を中和する、イエローアイシャドウのハイライト使いが隠れたポイント。

(1)A―aの淡めピンクベージュを眉下まで上まぶた全体に入れ、A-bのブラウンレッドを上の目の際から広めに横長に入れる。

(2)下まぶたにはA-bを涙袋に入れ、外に向かって目尻よりややのばす。さらに下まぶたはブラウンのインラインと、下まつげのみの黒マスカラで引き締める。

(3)眉はBのブラウンのアイブロウマスカラで毛並みを立てるように。

(4)チークはCの透けるブロンズレッドで頬骨の高い位置に入れる。

(5)CゾーンにEのクリームイエローをハイライト的に入れ、ツヤ感を持続させながら肌になじませて全体の赤みを落ち着かせる。

(6)リップはDのキャラメルイエローをオーバーリップ気味にふっくら塗る。

 

『美的』2023年4月号掲載
撮影/嶌原佑矢(人物)、河野 望(静物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/角田かおる モデル/山田杏奈 構成/中尾のぞみ

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事