メイクHOW TO
2022.6.8

ポイントは目周りのツヤ! アディクションのスティックハイライトで美肌印象もゲット

\"\"

人気ヘア&メイクアップアーティストの林 由香里さんが、ツヤ「1」点盛りで作る夏顔をご紹介♪ 美肌印象までかなうテクニックに注目です!

目元をぐるっとツヤ盛りして美肌印象まで欲張る!

0642
Cゾーンはもちろん、今夏は上まぶたまでツヤの範囲を広げて光を大胆にキャッチ&スパークすると、いいことあるかも。

「目元を艶やかにトーンアップすると、マスク姿でも“あの人、肌キレイな気が♪”といった美肌印象が高まります。もちろんマスクを外しても、ツヤ効果で美肌印象を保てます!」(林さん)

 

使用アイテム

img_0043
シャンパンゴールドの輝きを含み、光による肌補正効果も期待できる、濡れツヤハイライト。
アディクション ザ グロウスティック 102G ¥4,180(限定品)

img_0052
アイラインを引いた後、パーリィな赤茶シャドウを下まぶた全体へ。マスカラは黒。
リンメル ワンダーキューブ アイシャドウ パール P008 ¥880

ワンダー キューブ アイシャドウ パールの詳細はこちら

img_0076
ゴールドカーキのアイライナーを下まぶたへ引く。
THREE メズモライジング パフォーマンスアイライナーペンシル TS05 ¥3,300

メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシルの詳細・購入はこちら

img_0084
ローズレッドを指でぽんぽん塗り。
シュウ ウエムラ ルージュアンリミテッド キヌ サテン KS RD 173 ¥4,070

ルージュ アンリミテッド キヌ サテンの詳細・購入はこちら

 

メイク方法

CHEEK
みずみずしい質感のクリームハイライトを指にとり、Cゾーン(眉尻の外側から目尻の下)と上まぶた全体に優しくたたき込みながら広げて。肌作りを薄く、チークもレスして◎。

 

『美的』2022年7月号掲載
撮影/三瓶康友(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/林 由香里 スタイリスト/小川未久(人物) モデル/椎名 美月 構成/北川真澄、齊藤みなみ(本誌)

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事