メイクHOW TO
2022.5.15

彫り深な目元に抜け感をプラス♪ 眉とアイラインを変えるだけでここまで垢抜ける!

\"\"

女性らしい目元で可愛く甘めの雰囲気にしたい方必見!甘め眉×甘めアイラインでかなえる柔らか印象メイクを『美的』クラブが実践しました♪

甘め眉×甘めアイラインを美的クラブがTry

22
「はっきりとした顔だちの人が抜け感を出すには甘め眉×甘めアイラインがぴったり。とはいえまつげの隙間のインラインはきっちり引くことがポイント。まつげの上のラインは少しタレ目風になるように角度を下げて細く、少し長めに。目ヂカラはキープしつつ、すっきり垢抜けた目元に仕上がります。眉は、眉尻から眉頭に向かって薄くなっていくのがふんわり仕上げるコツ。元々眉頭が下にグッと入り込んでいたので、眉頭下をコンシーラーで消して角度を緩やかに整えることでより柔らかな印象に」(Georgeさん)

 

こんな人におすすめ♪

Check
  • ふんわりニュアンスヘアが好み
  • 女性らしいファッションが好き
  • デートの日は可愛く甘めの雰囲気にしたい
  • 抜け感のあるメイクがしたい

 

美的クラブ

新関麻文さん(商社営業・29歳)


BEFORE
22-31
ナチュラルな太眉。眉尻は薄いのに眉頭は濃く描きがち。アイラインは細く控えめに引いているそう。

AFTER
22-314
彫り深な目元に抜け感を出すことで柔らかな印象に

POINT

【アイライン】

22-31454
タレ目っぽく角度を下げて
目頭から目尻までまつげの真上にラインを引く。目尻は角度を下げてまつげの外側3mmまで延長。

 

How To 【甘めアイライン】

\平行にす~っと/
4302
(1)細め&平行のちょいタレ目風に
アイラインに合うよう目尻のやや外側までアイシャドウを塗った後、目頭から目尻までまつげの真上にAでラインを引き、目尻をまつげの3mm外側まで延長。目を開けたとき目頭と目尻が一直線上になるくらいがちょうど。

\筆を寝かせて~/
4301
(2)インラインはきっちり埋めて引き締める
ビューラー、マスカラの後、リキッドアイライナーの筆の側面を使って目頭~目尻のまつげの隙間をしっかり埋める。

完成
4297

bm31113
A.くっきり描けるリキッドアイライナー
描きやすさと耐久性にこだわり発色も◎。
KISSME(伊勢半)ヒロインメイク プライムリキッドアイライナー リッチキープ 03 ¥1,320

プライムリキッドアイライナー リッチキープの詳細はこちら

 

【眉】

22-3111
コンシーラーで平行眉に
以下のメイク方法を参考にふんわりやや太めの眉に。さらに最後、グッと下に入り込んでいる眉頭をコンシーラーで消して平行眉に。

 

How To 【甘め眉】

\スクリューブラシでとかしてから!/
4314
(1)眉下を整え、毛流れに沿って隙間を埋める
Bの中央の茶をCでとり、眉の中間から眉尻の下のラインを描き足す。さらに毛流れに沿って眉尻~眉中の毛のない部分の隙間を埋める。

\すすすっ/
4317
(2)眉頭はブラシを縦に動かして塗る
眉頭も3ストロークくらいに分けて、眉下から上に向かって縦にブラシを動かし立体的に描き足す。パウダーはつけ足さず薄めでOK。

\逆立ててから~/
4312
(3)眉マスカラを裏→表の両面塗り
眉マスカラは、まず眉尻から眉頭に向かって毛を逆立てるように塗って毛を立ち上げた後、毛流れに沿って塗り、立体的に仕上げる。

\さ~っ/
4311
(4)パウダーを重ね、さらに眉上1mm太く
Bの中央と左隣の色を混ぜた薄めブラウンを、マスカラを塗った眉全体にのせる。さらに眉上につけ足して眉を1mm程太くしつつ、形に丸みを出す。

\ふわっ/
4306
(5)プレストパウダーで輪郭をぼかす
DをBの付属のブラシで混ぜとり、描いた眉の境目に軽くのせ、アウトラインをぼかす。これによってふんわり柔らかい印象の眉に。

完成
\これが甘め眉♪/
4302

bm31109
B.濃淡・明るさ自在の5色の眉パウダー
色や明るさを絶妙にコントロールして、立体的な眉に。
カネボウ化粧品 ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト 01 ¥4,620

スタイリングアイゾーンコンパクトの詳細・購入はこちら

bm31111
C.仕上がりを格上げする眉用ブラシ
幅や厚み、毛のコシなど計算され尽くしたプロ仕様。ふんわりとした形も繊細なラインも思うままに。
THREE アイブラウシェーピングブラシ ¥3,520

bm31107
D.ヌーディベージュのプレストパウダー
高いフィット感で透明感と血色感のある美しい素肌になりすます。
パルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・プレストパウダー No.2 ¥7,480

プリズム・リーブル・プレストパウダーの詳細・購入はこちら

 

ヘア&メイクアップアーティスト

Georgeさん

大のコスメ好きとして商品知識も豊富で、韓国コスメにも精通。透明感のある肌作りも得意。

 

『美的』2022年6月号掲載
撮影/藤井マルセル(t.cube)、 河野 望(静物) ヘア&メイク/ George スタイリスト/小川未久 構成/村花杏子、齋藤みなみ(本誌)

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事