メイクHOW TO
2022.1.30

こんなピンクメイクもあり!吉川愛さん、シアーピンクシャドウで目元に春らしいしゃれ感をプラス

\"\"

この春、ピンクはますます使いやすくかわいく進化! そんな“新しいピンク”を使ったメイクを人気ヘア&メイクアップアーティストの笹本恭平さんがご提案。

吉川 愛×仕込みの シアーピンクシャドウ で目元に春らしいしゃれ感をプラス

20211207_biteki64738
『こんな使い方もありなんだ!』いい意味でピンクのイメージを裏切ってくれるのが、笹本さんのメイク。

「ピンクをあえて脇役に。グレーシャドウのベースとして、まぶたに広く入れました。こうするとクールなグレーに柔らかさが加わり、春らしさやしゃれ感が加速。寒色がくすまないのもピンク特有の赤みのおかげです」(ヘア&メイクアップアーティスト 笹本恭平)

20211207_biteki64750

img_0005
A.仕込んだピンクに溶け込む、同じくシアーな発色のグレー。ブラウンを感じる温かみのある色がピンクと好相性。
マキアージュ ドラマティックアイカラー BR635 ¥990(編集部調べ)

ドラマティックアイカラーの詳細はこちら
B.春らしい甘めのピンク。パールリッチな質感で透けるように発色。
マキアージュ ドラマティックアイカラー PK214 ¥990(編集部調べ)

ドラマティックアイカラーの詳細はこちら

How to Makeup

20211207_biteki64574
Bをベースとしてまぶた全体に入れる。Aのシャドウをアイホールに重ねる。肌なじみのいいパーリィなピンクは、中途半端に加減するより、思いきって広範囲に塗るのが◎。肌に溶け込む赤みのニュアンスが独特の奥行きを生む。

other item

img_0017
C.下まぶた全体に入れたハイライトピンク。
マキアージュ ドラマティックアイカラー PK142 ¥990(編集部調べ)

ドラマティックアイカラーの詳細はこちら
img_0008
D.右上のレンガベージュを頬の高い位置にオン。グレーの大人っぽい目元をチークでヘルシーに。
NARS プレジャートリップ チークパレット ¥5,720(3月18日発売)

プレジャートリップ チークパレットの詳細・購入はこちら
img_0025
E.コンシーラーで赤みを抑えてから、唇全体に。
NARS ミニ アフター グローリップバームデュオ 01827(1384) ¥3,080(3月18日発売※2本セット)

ミニ アフターグロー リップバームデュオ 01827の詳細はこちら

 
PROFILE
よしかわ・あい。1999年生まれ。ドラマや映画で活躍する注目の若手女優。3月放送・配信スタートのWOWOWオリジナルドラマ『ヒル』に、ゾーカ役で出演予定。

 

『美的』2022年3月号掲載
撮影/花盛友里(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini./) スタイリスト/小川未久 構成/杉浦由佳子、安井千恵、松村早葵

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事