健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2020.8.17

速報|美容家・神崎恵さんが地上波ドラマ初主演!『だから私はメイクする』がテレビ東京系列で実写化

『美的』でもおなじみ、最近では『美的GRAND』の表紙も話題の神崎恵さん。
10月よりスタートの、テレビ東京系ドラマ『だから私はメイクする』で美容部員役として主演を務めます。

レギュラーキャストには志田彩良さん、また“アカリン”こと吉田朱里(NMB48)さんが決定しました。

『だから私はメイクする』で神崎恵さんが初主演!その作品は…

%e3%81%a0%e3%81%8b%e3%82%89%e7%a7%81%e3%81%af%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%af%e3%81%99%e3%82%8b%e5%bd%b9%e8%a1%a3%e8%a3%85%e5%86%99%e7%9c%9f(C)「だから私はメイクする」製作委員会

本作は、メイクを通して浮き彫りになる「社会」や「自意識」と戦う女性たちの悲喜こもごもを描いた物語。

毎話、様々な女性の「メイク」にまつわるエピソードが繰り広げられます。自分のメイク道を極め続けるうちにあだ名が「マリー・アントワネット」になった女性、職場の男性たちからされる「見た目へのアドバイス」にうんざりしている女性、仕事で多忙な日々を送る中で自分を奮い立たせるためにコスメに大金を投じる女性など、人それぞれの「メイクをする理由」を描くことで現代をたくましく生きる女性たち(時に男性も)の様々な姿を映し出します。

 

_200214_make_cover_ol
原作はシバタヒカリ作のコミック『だから私はメイクする』(左書影/祥伝社)。『浪費図鑑』で知られるオタク女性4人組・劇団雌猫によるエッセイ集『だから私はメイクする』(右書影/柏書房)を原案とし、コミック誌『FEEL YOUNG』(祥伝社)にて連載され、多くの女性に支持されている話題作。「自分がどうありたいか」と向き合う、共感必至のオムニバス・ストーリーです。

神崎恵さんが語る初主演への抱負…「メイクの楽しさ、美容のすばらしさを感じて」!

神崎恵さんが演じる主人公は、コスメショップのビューティーアドバイザー(BA)・熊谷すみれ。イベントやメイク講座、コスメブランドの商品開発、プロデュ ースなど幅広い活動は『美的』でも多くのファンが。さらにプライベートでは3人の子供を育てるママでもあり、その充実したライフスタイルは多くの女性の憧れです。 “美のカリスマ”として知られる美容家となった今、地上波ドラマ出演・初主演となります。

ドラマ主演発表を機に神崎さんのコメントが届きました。

Q)ドラマパラビ「だから私はメイクする」のオファーを受けた時の感想をお聞かせください。

ドラマや映画には作る側として関わりたいと思っていましたが、出演ということで驚きました。 ですが、美容の素晴らしさをまた違う角度でお伝えすることができるかもしれない。と思い挑戦す ることを決めました。

Q)台本を読んでみての感想をお聞かせください。

台本の中には、「美容」においてわたしが大切にし、伝えたいと思っていることが多く並んでいてうなずくことが多くありました。

Q)熊谷すみれの役どころについてはどう感じましたか?

言葉の語尾は違えど、思っていることも、言葉も重なる部分が多く。自分ではないけれど、自分のような、不思議な感覚でした。

Q)役を演じるにあたっての思い、意気込みをお聞かせください。

演じることの前に、共演者やスタッフのみなさんの足手纏いにならぬようと思っていました。が、とにかく自分のできることを精一杯ということにつきるな。と。気負いすぎず、普段どうりの心持ちでセリフの一文字一文字を大切にしたいです。

Q)視聴者へのみどころなどメッセージをお願いします。

メイクの楽しさ、美容のすばらしさを感じていただけたらと。欲張りは言わず、ただそれだけです。 たった1本の口紅がくれる自由、たったひとつのファンデーションがくれる自信。限りなく、可能性しかないメイクという力を楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

実力派女優にYouTuber、そして気鋭の女性クリエイターたちが集結!

新人BA・近藤芽生を演じるのは、ドラマ『チア☆ダン(TBS)』『his〜恋するつもりなんてなかった〜(メ〜テレ)』『ゆるキャン△(テレビ東京)』、映画『パンとバスと2度目のハツコイ』『mellow』など、話題作への出演が続く注目の実力派若手女優・志田彩良さん。

その先輩BA・山本織香を演じるのはNMB48のメンバーで、美容系YouTuberとしての顔も持つ吉田朱里さん。自ら企画・撮影・編集しているというメイク術やコスメレビュー動画は若い世代に大人気でそのチャンネル登録者数は80万人を超えています。近年は化粧品ブランド「B IDOL(ビーアイドル)」のプロデュースなどマルチな才能を発揮しています。

脚本にはドラマだけでなく映画やアニメなど幅広いジャンルで活躍する坪田文氏を起用。シリーズ構成を担当したアニメ『HUGっと!プリキュア(ABC朝日放送テレビ)』では「女性と仕事」「子育て」といったテーマを設定し、ジェンダーギャップやLGBT、それに対する社会の変化を描いたことで大きな話題となりました。

監督は現在公開中の映画『君が世界のはじまり』や『おいしい家族』などで知られる新進気鋭の若手監督、ふくだももこ氏を始めとし、山中瑶子氏・岸本鮎佳氏など若き女性の才能が集結しました。

祖父江里奈氏(テレビ東京ドラマ室プロデューサー) コメント

デパートのコスメフロアを眺めてみると、最近、男性モデルの広告が増えてきたなと思います。「これは男性向け商品です!」と取り立てていうでもなく、何人かいる女性モデルの中に一人男性が自然な形で混じっている感じ。もはや「メイク=女性のもの」という考え方は古いのだと思います。しかしそれでもやはり、メイクは多くの女性にとって喜びでもあり、枷でもある存在です。それは「女性はメイクして当たり前」という古くからある発想が今なお広く、深く根付いているからでしょう。女性として生きる限りその呪縛から逃れるのは難しいことです。

だからこそこの作品では、あらゆる人のメイクとの向き合い方・関わり方をすべて肯定し、何一つ否定することなく描いていこうと思いました。原作コミックは1話完結のオムニバス形式ですが、どの話の主人公も、それぞれに悩みを抱えながらも明るく生きていく選択をします。その底抜けの前向きさが多くの人に支持される人気の理由なのは間違いありません。

そんな原作をドラマ化するのに素晴らしい才能が集結してくださいました。脚本の坪田さんは実はかなりディープなコスメマニア! 脚本の中に登場するコスメの知識はすべて坪田さんご本人から発せられたものです。チーフ監督のふくだももこさんは才能があるだけでなく、常に明るくて優しい素敵な女性です。まさにこの作品を象徴するような人だと思います。そして美容家の神崎恵さん。美容の知識はもちろんですが、悩めるお客さんに優しく寄り添うような物腰は原作の熊谷さんそのもの。特に神崎さんの声がいいんです!優しくて包み込むように柔らかい。発せられるそのアドバイスに身を預けたくなってしまうこと間違いなしです。

多くのコスメブランドにご協力いただき、リアルな商品がたくさん登場します。観れば明日からのメイクの役に立つこと間違いなしです。ぜひ御覧ください!

*******

テレビ東京きってのドラマプロデューサーである祖父江さんも絶賛の神崎さんの”声”。
ぜひオンエアでもチェックしてみてください。

 

 

■番組概要

【番組名】 ドラマパラビ『だから私はメイクする』
【放送日時】 2020年10月7日(水)スタート 毎週水曜深夜0時58分放送
【配信】 動画配信サービス「Paravi」で2020年10月2日(金)夜9時より毎話独占先行配信
【原作】 シバタヒカリ「だから私はメイクする」(祥伝社)
【原案】 劇団雌猫「だから私はメイクする」(柏書房)
【出演】 神崎恵 志田彩良 吉田朱里(NMB48)
【チーフプロデューサー】 山鹿達也(テレビ東京)
【プロデューサー】祖父江里奈(テレビ東京)本郷達也(MMJ)神通勉(MMJ)
【協力プロデューサー】山本喜彦(MMJ)
【監督】 ふくだももこ 山中瑶子 岸本鮎佳 松嵜由衣
【脚本】 坪田文
【制作】 テレビ東京・MMJ
【製作著作】 「だから私はメイクする」製作委員会
【番組公式HP】 https://www.tv-tokyo.co.jp/makeup/
【番組公式twitter】 @tx_make
【番組公式Instagram】@tvtokyo_make

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事