健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2019.11.4

小顔を狙うなら、丸顔にはあえての丸メガネを!顔の余白をカムフラする“技ありメガネ”とは?

メガネにはおしゃれに見せるだけでなく、小顔効果もあるんです。“技ありメガネ”が小顔に見える理由を解説します。

顔の余白は技ありメガネでおしゃれにカムフラ

顔のパーツが中央に寄り気味だったり、頬が広かったり。余白が目立つと、顔は実際以上に大きく見えてしまいがちです。そんなときには、手っとり早くメガネをかけてしまうのも手。ただかけるだけでも余白を削ることは可能ですが、せっかくならば、より効果的に!メガネの形や細部のシルエットにこだわることで、バランスの良い小顔がかないます。

20190913_019

Point1
キーホールブリッジはノーズシャドウ効果あり!
鼻にかかる部分が、鍵穴のようなシルエットをしているのが“キーホールブリッジ”。この形状は、光が当たることでノーズシャドウのような影が落ちるため、彫り深に見せたい人に最適です!

Point2
丸顔には、あえての丸メガネを!
四角いメガネがいいのでは?と思いきや、下重心のタイプは、丸顔さんがつけるとかえって下膨れた印象に見えるおそれも。そこでおすすめなのが、下に向かってすぼんでいくタイプの丸メガネ。目元からあごにかけてをすっきりシャープに見せ、モタつきを軽減してくれます。

Point3
面長顔に好相性なのは、大きめ4角形のウェリントンタイプ
面長さんは、天地幅が広いウェリントンタイプで頬の間延び感をカムフラ。フレームで顔の横ラインが強調され、顔の形もバランス良く整います。また、太めのフレームにはフェースラインを華奢に見せる効果も!

上/メガネ ¥28,000(GLASSAGE 西武池袋店 〈GLASSAGE〉)
下/メガネ ¥32,000(GLASSAGE 西武池袋店〈GLASSAGE〉)

 

 

『美的』12月号掲載
撮影/五十嵐 洋(静物)取材協力/神崎 恵 構成/野澤早織

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事