健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2019.5.17

美的7月号特別付録は…「UVカット紙おしろい」と「夏ツヤ肌 ボディミルク」人気H&M・林由香里さん猫イラストレーターWOKASINAIWOさんコラボ!

外出前にメイク直しもUVケアもササッとできる紙おしろいと、ボディにツヤと輝きをONするボディミルクの『美的』オリジナル。すべて国内生産&使い心地にこだわりました! 人気ヘア&メイク林 由香里×猫イラストレーターWOKASINAIWOコラボ! 「UVカット紙おしろい」&「夏ツヤ肌 ボディミルク」、夏肌&夏ボディの必需品、完成です!

肌&ボディが喜ぶ2アイテムで夏のキレイをグンと格上げ!

もうすぐ本格的な夏、メイクくずれや肌の露出が気になる季節です。そこで今月は、夏に役立つ「UVカット紙おしろい」と「夏ツヤ肌 ボディミルク」、ふたつのオリジナル付録を作っちゃいました!

パッケージのイラストは、4月号の付録「おしゃれ猫 ティッシュポーチ」も手掛けたWOKASINAIWOさん描き下ろし。そして中身と使い方は、本誌のメイクページでも大活躍中のヘア&メイクアップアーティスト林由香里さん監修。人気者ふたりがコラボした超豪華付録なんです!

この2品が夏の肌にどう役立つのか、林さんに伺いました。
「以前はすっぴん風のツヤ肌が流行りましたが、最近はしっかりカバーされているけど“塗ってる感”がなく、肌表面に薄いヴェールをかけたようなマシュマロ肌が気分。『UVカット紙おしろい』を使うと、そんな今どき美肌が瞬時に手に入ります。皮脂やテカりをオフできてUVケアも同時にかなうから一石三鳥です。そしてボディは、ベタつきはNGだけどツヤと輝きはマスト。『夏ツヤ肌 ボディミルク』は保湿力は高いのに軽い使用感だから夏でも快適。デコルテや二の腕、脚など、ツヤを足したい部分にポイント使いするのがおすすめです。夏にぴったりの2品があれば、キレイ度アップ間違いなしです!」

お直しタイムに使うだけでサラッと快適な美肌に! 即お直し!「UVカット紙おしろい」

201907g14furoku1

 

SPF20・PA++のUVパウダーがついているから夏のお直しにぴったり!

201907g14furoku5
上質な脂取り紙の表面にSPF20・PA++のUVパウダーがついていて、肌表面に浮き出た皮脂やテカりをオフ。同時にメイク直しや紫外線ケアもできる、夏のメイク直しの必須アイテム!

 

肌当たりが優しいから安心して使える♪

201907g14furoku6
柔らかくなめらかな紙を使用しているから、使い心地も抜群。すべて日本製で安心して使えるのも高ポイント!

 

201907g14furoku3

皮脂やテカりをオフしながら、メイク直しもUVケアも両方できる!

『UVカット紙おしろい』は2段活用するのがおすすめ!

頬や額などの広い面に滑らせてから小鼻や目の下などの細かい部分を押さえると、ヴェールをひと膜かけたような美しい仕上がりに!

201907g14furoku8
最初に汗や皮脂をダミー最初に汗や ティッシュオフしてから…

 

201907g14furoku9
【STEP 1】広めに持って頬や額の上を滑らせる
人差し指・中指・薬指・小指の4指と親指とで紙おしろいを広く持ち、頬と額は内側→外側へ、鼻筋は上→下へと、肌の上を優しく滑らせる。

 

201907g14furoku10
【STEP 2】指に挟むようにして小鼻周りや目の下などを押さえる
次に中指の腹を起点として人差し指と薬指で紙おしろいを挟み込み、小鼻周りや目の下などの細かい部分を押さえると、ムラなくキレイに仕上がる。中指に巻きつけるように持つのがコツ!

みずみずしくライトな使い心地でボディに上品なツヤと輝きをON!
夏ツヤ肌 ボディミルク

201907g14furoku2

 

みずみずしいテクスチャーが肌にツヤ・輝き・潤いをプラス!

201907g14furoku7
夏にうれしいみずみずしくライトなテクスチャー。ひんやり心地よく、肌にのばすだけでスッとなじむから、塗り込む手間もなし。ラメやパールは入っていないのに、潤いたっぷりだから上品なツヤと輝きをONできる。

 

 

 

 

無香料だからいつものフレグランスの邪魔をしない!

無香料だから肌への負担が少なく、お気に入りのフレグランスの邪魔をしない点もGOOD。高さ約7×直径約2.3cmのちょうどいいサイズ感でポーチINして持ち運ぶのにも便利♪

 

201907g14furoku4

ツヤを与えるだけでなく二の腕や脚をほっそり見せるスグレもの!

『夏ツヤ肌 ボディミルク』は部分使いするのが◎!

デコルテは手のひら全体で左右にのばす

201907g14furoku11
少量を手のひらに出し、手のひら全体を左右に動かしながらデコルテに薄く均一にのばす。マッサージにもなって一石二鳥!

 

二の腕は側面のいちばん高い部分に上→下へのばすと細見え!

201907g14furoku12
少量を指先にとり、二の腕の側面の一番高い位置にON。上→下へと一方向に、筋状にのばすのがポイント。

\仕上げにラメパウダーをジグザグにのせると自然なツヤ感に!/
201907g14furoku13
それだけでも光の拡散効果でほっそり見えるけれど、さらにその上からラメ入りのボディパウダーをジグザグにのせると、より美しく自然に仕上がる。

 

脚はすねの骨に沿って上→下へ塗布

201907g14furoku14
ひざ下をほっそり見せたい場合は少量をすねの骨に沿って上→下へと筋状に塗布して。

 

201907g14furoku15
二の腕同様、仕上げにラメ入りボディパウダーをのせるのもGOOD。

 

監修してくれたのは…
201907g14furoku17
ヘア&メイクアップアーティスト 林 由香里さん
はやし ゆかり/ROI所属。クールだけれど女っぽく、おしゃれ感のある今どきメイクには特に定評があり、本誌をはじめとする美容誌やファッション誌などで引っ張りだこ。人気モデルからの指名も多数!

 

イラストを描き下ろしてくれたのは…
201907g14furoku16
WOKASINAIWOさん
ヲカシナイヲ/Instagram(@wokasinaiwo)で「ヲカシな猫の世界」を発信する人気イラストレーター。レトロでおしゃれなモチーフと色使いが特徴で、4月号の付録のイラストも手掛ける。

 

付録の不足・不良品についてのお問い合わせ:
小学館制作局コールセンター   0120・336・082
受付時間:9:30~17:30(土・日・祝休日を除く)
受付期間:2019年8月21日(水)まで

※ライト版にはこれらの付録はつきません。

 

『美的』7月号掲載
撮影/中島 洸(まきうらオフィス/人物)、河野 望(静物) ヘア&メイク/林 由香里(ROI) スタイリスト/小川未久(人物)、シダテルミ(静物) モデル/土屋巴瑞季 構成/内田淳子(本誌)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事