健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2019.2.24

「オーガニック プリベンション フード(有機予防食品)」で美しく健康に!【食べるエイジングケア】

美や健康のベースとなるのは毎日の食事。でも、味や見た目、保存性などを優先し、添加物などが多く使用されている食品の場合は、かえってエイジングを加速させてしまいます。

“ナチュラルとオーガニックをデイリーユースに”がコンセプトのたかくら新産業の新しい取り組み「だいじょうぶなものプロジェクト」は、大切な人に心から「だいじょうぶ」と思えるものだけを届けるプロジェクト。2月上旬に行われた発表会では、その第一弾として、「オーガニック プリベンション フード(有機予防食品)」が紹介されました。

rimage1

たかくら新産業が考える「オーガニック プリベンション フード」の基準は、以下の7つ。
●自然栽培、野生、オーガニックの原料を使うこと。
●化学的な保存料、着色料、香料、白砂糖、人工甘味料等を一切使用しないこと。
●素材本来の風味や栄養素を守るため、高温の加熱処理加工をしないこと。※調理を除く
●安心安全なだけでなく、おいしさにもこだわること。
●自然の力を活かした作物や製品作りをしている生産者を応援すること。
●第三者機関(医療機関・大学・研究所等)のエビデンスをとり、過酷な現代社会に生きる心身の健康を取り戻すお手伝いをすること。
●企業努力によりデイリーユース可能な価格で提供すること。

有機植物の発酵パワーが凝縮したエキスで腸活!

上記基準をクリアする商品として紹介されたひとつ目は、有機JAS認証を受けている「有機植物発酵エキス」。30種類以上の有機野菜や有機果物をまるごと1種類ずつ、加熱をせずに有機黒糖でじっくりと抽出。さらに、日本人が慣れ親しんだ味噌やしょう油を使うときに使用する酵母の仲間「ITOプロバイオ酵母」で、クラシック音楽を聴かせながら追発酵させています。

rimage2
ペースト小さじ1/2杯(3g)をそのまま摂取。有機植物発酵エキス 180g(約2か月分)¥6,000(税抜)

福山大学、立命館大学、サイキジンクリニック(広島県)など、大学研究室や医療機関で研究され、きちんとエビデンスを得ている点も大きな魅力。サイキジンクリニックで行われた調査では、2か月感飲み続けた人の腸内で善玉菌と日和見菌が増加し、腸内環境の変化への影響が実証されています。

200種以上の栄養素を含む、北海道産シーベリージュースで健康美活!

この日、もうひとつ紹介されたのが、日本で唯一のシーベリー専業農園(北海道・苫小牧)「フォレスト・ベリー農園」で無農薬自然栽培されたシーベリーのジュース。シーベリーには、アミノ酸、鉄分、亜鉛、不飽和脂肪酸オメガ3・6・7・9、ビタミン14種類など、美容と健康をサポートする成分がなんと200種類以上も含まれています。それらの成分の働きをしっかりと引き出すために、自社で開発した振動式マシンを自社で、樹を傷つけることなく完熟した実のみを収穫するというこだわりぶり。さらに、65℃以下の低温加工で、えぐみのない爽やかな味を実現しています。

rimage3
1日20㎖を3~5倍に希釈して飲用。水やぬるま湯のほか、炭酸水や甘酒などで割ってもおいしい。ワイルド シーベリージュース 200㎖ ¥2,000(税抜)、500㎖ ¥3,800(税抜)

「フォレスト・ベリー農園」が実施したモニター調査では、このジュースを3か月続けて飲むことで、「肌の調子がアップした」(40%)や「便通が改善した」(33%)、「疲れがとれた」(18%)などの声が上がっているそう。まさに“飲む美容液”といえるドリンクです。

 

「有機植物発酵エキス」と「ワイルド シーベリージュース」は、いずれもデイリーユースにしやすい価格。毎日の習慣にすることで、体の中からエイジングケアしてみてはいかが?

 

だいじょうぶなもの公式サイト

 

 

構成/つつみゆかり

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事