健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2018.9.19

エディター本音の“スパ”レビュー「エスパス ボーテ タルゴ」で、さらば夏疲れ!【OL駆込スパ#11】

img_4472急に涼しくなったかと思えば、蒸し暑い日が戻ってきたり、突然雨が降ったりして、体がついていけない毎日。秋なのに、夏の疲れをそのままにしたまま過ごしていませんか? そういった時は、「エスパス ボーテ タルゴ ザ・プリンス パークタワー東京」へ! 母なる海の力でデトックスして、さらに海のミネラルを吸収して、明日への英気も養いましょう!

「エスパス ボーテ タルゴ ザ・プリンス パークタワー東京」は、フランスのコスメブランド「THALGO(タルゴ)」のサロン。自然の海水を利用する海洋療法・タラソテラピーを応用した製品とトリートメントに定評があり、50年以上の歴史があります。18年5月にサロンがリニューアルし、パワーアップしました。

海の恵みでボディも心もデトックス!

今回は夏疲れや時差ボケ、そして季節についていけない……と感じる時に最適な、海藻100%の「マリンアルゲ」のボディパックを組み込んだメニュー「Thalasso & Aroma」を選びました。
img_1632Thalasso & Aroma(90分)¥25,000。2018年10月30日までの限定。

まずは細かなスクラブで全身の肌をくまなく整えます。スクラブをシャワーで流すと同時に、手のひらで触れる自分の滑らかな肌に感激! 今まで感じたことのないほどしっとりとした、指が吸い付くようなシルク肌です。そのため「こんなにすべすべなら、今日は、もうこれだけでいいです!」と、言いたくなるほど(ホントです)!

シルク肌に感激しつつ次のステップへと進みます。「マリンアルゲ」を使ったボディパックへと進みます。シャワー後、タオルドライしたら、背中から足先までを海の栄養素が豊富に含まれる海藻100%の「マリンアルゲ」をたっぷりと塗布。

img_1649海藻由来の香りが漂うと、「これからデトックスするのね!」と、気合が入ります。

「マリンアルゲ」を体に塗ったらラップされ、しばらく横になって休みます。次第にじんわりと体が温まり、額や首にも汗が。パックの後は、全身が温まり、だいぶ汗をかいたのを実感。もう一度、シャワーを浴びると、だいぶスッキリした感じがします。ここからさらに、ボディトリートメントと続きます。

img_1646「腰がかなり凝っていますよ」と指摘され丁寧にほぐされます。

海藻エキスを配合したエッセンシャルオイルでしっかりと肌に水分と活力を補給しながらのトリートメントでは、 背中からコリを感じる腰までじっくりとほぐしてもらいました。さらにショートフェイシャルまでついているので、お得度はかなり高い!

img_1641夏疲れでぐったり気味の顔もふっくらやわらかく!

久々の「マリンアルゲ」体験でしたが、トリートメント後のだるさなどはなく、身も心もスッキリ! 特に、なんだかやる気が出ないという、秋バテ状態だった心までデトックスされたようで、気持ちが前向きに。過酷な夏を過ごし、疲れているだけでなく冷えてもいる体をしっかりと温めてからのトリートメント。海藻の香りが苦手な方にはあまりお勧めできませんが、さまざまな相乗効果も期待できるので心身ともにスッキリしたい時にぴったりです。

そして、「エスパス ボーテ タルゴ ザ・プリンス パークタワー東京」があるのは、都心なのに豊かな緑に囲まれたエリア。東京タワーにほど近く、増上寺や芝東照宮などの史跡やパワースポットもある雰囲気のいい場所です。これからの季節は、スパの前後に周辺をお散歩するのもおすすめです。

 

ひとりで行きたい度 ★★★
友人に勧めたい度 ★★★
通いたい度 ★★

メニューの一例:
リソースミネラル(120分)¥31,000
ルネサンスマラン(150分)¥42,000
※料金はすべて消費税別。

【DATA】
エスパス ボーテ タルゴ ザ・プリンス パークタワー東京
東京都港区芝公園4-8-1ザ・プリンス パークタワー東京 B2F
TEL.03-6435-6214
http://www.thalgo.jp/spa/

 

はまだふくこさん写真
ライフスタイルジャーナリスト
はまだふくこ
美容と美食&美酒をメインにライフスタイル全般が守備範囲。女性誌、男性誌を問わず、ホテル専門誌にも定期的に寄稿している。ホテルのオープンラッシュが続く今、ホテル&スパの取材で飛び回り、旅をする日々。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事