健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2018.8.31

ちょっぴり遅い夏休みの人必見!「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」でグルメと癒やしを満喫!キレイになる旅Vol.45】

海外に出かけなくても、非日常の南国の雰囲気が味わえることから、つねに人気の旅先である沖縄。

忙しい女子の弾丸旅でリゾートを満喫するためには、利便性の良い沖縄本島に泊まって、かつ、グルメやスパ、アクティビティプログラムの多いホテルを選ぶのが得策です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな沖縄本島屈指のリゾート地、恩納村にある「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」は、まだ“リゾート”という概念が浸透していなかった時代から注目を集めてきたリゾートホテルで、オープンしてから今年で35周年!

64875019-h1-okaha_2141909763_198366602

でも今回、私がこのホテルを選んだのは、伝統のおもてなしだけではなく、新しさに魅せられたから! ホテル内に新しくオープンした「クラブインターコンチネンタルラウンジ」が、滞在のひとつの大きな目的でした。

 

絶景にうっとり♪ワンランク上の極上空間へ

ゆっくり連泊ができない旅では、慣れない土地でのカフェやレストラン探しも、思わぬ時間のロスになりがちですよね。

そんなときに提案したいのが、ホテルのラウンジで、朝食、アフタヌーンティー、イブニングカクテルなどの時間を過ごすこと。

2018年6月にオープンした新しいラウンジ「クラブインターコンチネンタルラウンジ」は、沖縄本島随一の景勝地である万座毛を望む、270度のパノラマビューが広がります。

img_0891

ラウンジの広さも、なんと360平方メートルで、席数は145席!

ダイニングルーム、リビングルーム、バーカウンター、テラス、ライブラリー、アートギャラリーが完備されていて、あらゆる時間や目的に合わせて寛ぐことができますよ。

img_0897

 

7時~21時半まで! 1日中満喫できるラウンジメニュー

ラウンジ内の専用ダイニングでは、1日6回も、シェフによるフードのおもてなしが用意されます!

朝食は、お粥、和定食、洋食の3種類から選べます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私“長寿”をテーマにした和定食をセレクト。長命草やアーサーなどの地元の食材を中心にしたお弁当は、ヘルシーで栄養満点です。ご飯は、白米と沖縄の炊き込み御飯「じゅーしー」からチョイス可能。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スイーツやサンドイッチを、県産のうっちん茶やゴーヤ茶などといただけるアフタヌーンティーメニューも見逃せません。

パッションショコラやハイビスカスのマカロン、スーパーフードとしても知られているモリンガなど、沖縄の素材がふんだんに使用されていますよ。

img_1112

さらに、沖縄ならではのゴーヤやライムを用いたカクテルなど、イブニングカクテルメニューも豊富。

img_0958

ラウンジでしか提供されないメニューもあるので、特別感もひとしお。自然とテンションも上がってしまいますし、何度も通って入り浸ってしまいそうです(笑)。

img_0941 %e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

このラウンジは、クラブインターコンチネンタルルームおよびスイートへ宿泊の方のみが利用できますが、ほかの部屋タイプの宿泊ゲストも、別料金で利用できるそうですよ。

ラウンジでは、沖縄ならではのご当地メニューを含む美味しい食事や、寛ぎの空間が提供されるだけでなく、チェックアウト後も利用可能なシャワールームがあったり、コンシェルジュによるパーソナルサービスがあるなど、旅の締めくくりまで快適に過ごせる工夫が揃っています。

ラウンジ利用のために、クラブインターコンチネンタルルームやスイートに宿泊する価値も十分あるなぁと実感しました。

 

リニューアルしたばかりの、スイートルームにも注目を

老舗のリゾートで感じられるもうひとつの新しさは、昨年からリニューアルしたスイートルーム。

万座の海を意識したエメラルドグリーンと夏の沖縄を象徴する花「アラマンダ」の鮮やかな生糸のカラーコントラストが、南国気分を高めてくれます。

deluxecorner-gr-02

中でも、「クラブインターコンチネンタル」デラックスコーナースイートでは、シャンパンやロクシタンのバスアメニティーなど上質な時間が過ごせる工夫がたくさん。広いバルコニーからも絶景が見渡せました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

弾丸旅を最大限楽しむためには、現地でのスケジューリングが大切。次回の記事では、ラウンジを満喫して捻出(?)した時間を活用して施設内で満喫できる、スパやアクティビティをお伝えします。
<取材協力>

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

 

%e7%9f%b3%e5%8e%9f%e6%9c%89%e8%b5%b7%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

ビューティ&トラベルライター
石原有起(いしはら・ゆき)

大学卒業後、女性誌やウェブサイトを中心に、美容、旅行関連の取材・執筆を行うほか、美容皮膚科医や美容師などの専門家や、メディアに向けたレターの製作、TV・ラジオ出演、講演など多方面で活動中。現在は、“旅=楽しむだけでなく、美を磨くためのエッセンス”と捉え、国内外を問わず、旅先で美容スポットを体当たりで巡る取材を多く行う。“人生を彩るために、美容する”がモットー。

■ブログ:http://yukiishihara.com/
■Instagram:@yukiishihara1112

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事