渡辺佳子のナチュラルコスメ入門
2020.10.13

カナダ発オーガニックブランド「グリーンビーバー」をご紹介|イヌイット伝承のハーブ配合のクリームも【渡辺佳子さん連載vol.198】

カナダから上陸したオーガニック ライフスタイルブランド「グリーンビーバー」をご紹介します。グリーンビーバーは2002年に、生化学者のカレン クラーク&アラン メナール夫妻が作ったブランドで、カナダのオンタリオ州・オタワ川沿いのホークスベリーという町に拠点を置いています。ブランドマークに描かれているメープルリーフとビーバーのイラストが目印。創設したご夫妻がいまもファミリー経営を続けています。

07sousetu

グリーンビーバーのポリシーは、人にも環境にも安全で負荷のかからない原料を厳選して製品を作ること。そのためヴィーガン、グリーンテック、グルテンフリー、オーガニックをコンセプトとしています。製品のカテゴリーはヘアケア、歯磨き、ハンドケアなど生活に密着したアイテムが中心。なぜなら、彼らはこうした製品に多くのケミカル原料が使われていることに気づいたからです。

アランのお姉さんが1999年に乳がんを発症したこと、2001年に息子が生まれたことから、2人はますます“カナダの将来の世代の健康のために”よりヘルシーな原材料を使った製品作りを目ざします。カナダの認定オーガニック素材を使うことにこだわり、グリーンテックを追究してきたのです。たとえばビタミンEを使いたいときも化学的に作られたものではなく、天然のビタミンEにこだわって探すというように。

サステナビリティへの配慮にももちろん熱心で、2016年には、プラスチック製マイクロビーズフリーを実現したカナダ初の会社となっています。
日本のローンチは9月、ヘアケアシリーズ、ホワイト歯磨きの発売からスタートしました。
03sham
ラベンダーボリュームヘアシャンプー
240ml ¥2,600
02cond
ラベンダーボリュームヘアコンディショナー
240ml ¥2,900

オーガニック認証「エコサート」を取得。オーガニックアロエベラとヤローが頭皮と髪をケアし、ボリューム感のある仕上がりに仕上げます。ハリ・コシ不足などエイジングが気になってきた人に。シリコン、石油由来原料、合成保存料、合成香料は不使用。動物由来の原料を使わないヴィーガン仕様で、動物実験もしていません。また遺伝子組み換え原料を使わないGMOフリー、グルテンフリーで作られています。

やさしく心やすらぐラベンダーの香り。シャンプー&コンディショナー後は髪が軽く感じられ、頭皮からスッキリ。ドライヤーの風でふんわり立ち上がる仕上がりに。
01
ナチュラルホワイト歯磨き
100g ¥2,080

パパイヤ果実エキスが、歯に着色した汚れを除去し白く明るい印象へ。フッ素化合物を含まず、自然由来のキシリトールやヒドロキシアパタイトなどが虫歯を予防しながら口内を健やかに保ちます。ティーツリーとミントの香りが爽やか。発泡剤、その他の合成化学成分もいっさい不使用。

そしてちょっと先出し情報もお知らせ!11月にはイヌイット伝承のハーブを配合したクリームが新発売になります。
04cream
エクストラフェイスクリーム 40ml ¥4,000

肌を乾燥などの外的ストレスから守るフェイシャルクリーム。カナダの先住民族イヌイットが肌の健康を守るために用いていた「ラブラドールティー」「ボリジ」という2つのハーブに着目して、敏感に傾いた肌をいたわりながら育てる作りになっています。
05kusa
■ラブラドールティー
抗酸化作用に優れ肌の乾燥を抑える働きが知られているハーブ。抽出エキスを配合(成分表ではレダムパルストレキス)
06borizi
■ボリジ
種から得られる必須脂肪酸とリノール酸が豊富なオイルを配合しています(成分表ではルリジサ種子油)

カカオとシアバターの油脂成分や植物油成分によるなめらかなテクスチャー。重さはなくするっとのびてサッと浸透します。さらに敏感な肌への配慮として、精油での香りづけさえしない無香料タイプ。精油による香りの効用はありますが、それでも刺激になる場合のことを考慮し、あえて香りづけをやめているのです。

つけてみるとスーッと肌が鎮静されるような実感。子どもからシニア層まで、万人が使えるレスキュークリームのような位置づけ。乾燥を防ぎながら肌を健康に立て直していくサポートになりそうです。

グリーンビーバーについて詳しいことは=>https://www.green-beaver.com/

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事