小学館
  • CanCam
  • AneCan
  • Oggi
  • Domani
  • Men's Precious
  • Precious
  • 和樂
  • 美的
  • Woman Insight
  • 小学館女性インサイト研究所
美的.com
渡辺佳子のナチュラルコスメ入門
2017.2.16

ナチュラルコスメの常識を覆すMiMCのアイメイク【渡辺佳子さん連載 Vol.110】


MiMCの最新メイクアップアイテムをご紹介します。こちらは3月発売のものですが速報としていち早く!

■まつげケアもメイク効果も良質する2色のマスカラ

まずはすでに人気の、ナチュラル成分84%でメイクとまつげケアの両方をかなえる美容液マスカラ。こちら既存のブラックがリニューアル&新色としてブラウンが新発売になりますのでそのお知らせです。

%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%a91
ミネラルロングアイラッシュ 全2色
01ブラック(リニューアル)漆黒で存在感のある目元に
02 ブラウン(新発売)柔らかな印象でナチュラルな目元に
各3,800円(税抜) 3/22 発売

新しさの特徴は何といっても、日本女性の髪になじみやすい日本産の椿にこだわった「椿リッチオイル(ツバキ種子油)」を今までの2倍増量したこと。これでより、自然なしっとりさと艶やかさがまつげに宿りそうです。

長さを出す工夫においては、従来から、先端に向かって細くなるようミネラルファイバーを配合。ナイロン製の棒状繊維とは違って微細な粒型なので、まつげ同士がついてしまったり、目の下に不自然に落ちたりしない設計です。

また目元への色素沈着が心配なカーボンブラックは使わず、漆黒ミネラルパウダーと植物美容成分での処方。クレンジング不要で38度のぬるま湯でするっと落とせるようにフィルム量を最小限におさえるといういたわりも。パラベン、フェノキシエタノール、シリコンは不使用です。

MiMCのビューティーディレクターを務めているMICHIRUさんによれば、「リニューアルに際しては、既存の黒を作った時と同じ材料ではないうえに、椿オイルが増量という変更もあったので、以前と同じような黒い色を出しつつ、まつげにつく状態も同じになるよう調整するのに苦労をしました」とのこと。

■日本人の肌や瞳の色に合うブラウンのアイライナー

%ef%be%90%ef%be%88%ef%be%97%ef%be%99%ef%be%98%ef%bd%b7%ef%bd%af%ef%be%84%ef%be%9e%ef%bd%b1%ef%bd%b2%ef%be%97%ef%bd%b2%ef%be%85%ef%bd%b0%e8%8c%b6%e8%89%b2
ミネラルリキッドアイライナー 02 ブラウン(新発売)
3,800円(税抜)3/22発売

既存のブラックに加えて肌なじみのよい、やや赤みのあるブラウンが発売になります。

このアイライナーはフィルムタイプを採用し、汗・水・涙にもにじみにくい設計。天然成分だけでは難しいとされていた微妙なカラーを実現しています。

アイラインを引くことで傷めてしまいがちな、まつげの根元とまぶたのキワをケアしながら彩るため、こちらにも「椿リッチオイル」を配合。さらにアロエベラ葉エキス、カンゾウ葉エキス、ゼニアオイ花エキスを配合(すべて保湿成分)。

このアイライナーも38度以上のぬるま湯だけで簡単にオフが可能。強力な目元専用クレンジングを使う必要がありません。ブラウンの色に関しては「マスカラもそうですが、ブラックの色を元にして、日本人の肌や瞳の色に合わせ、調整してブラウンの色出しをしています。日本人の肌や瞳の色になじんで、やわらかいイメージになるよう、気をつけました。かなりイメージ通りの色が出せたと思っています」とMICHIRUさん。

 

マスカラ、アイライナーともに、本当に細かなところまで使う人の目元の安心安全とオフするときまでのストレスフリーが考えられていて感心します。色味や機能性についても優秀で、ナチュラルコスメはメイクの色出しが弱いとか出せる色に限界があるとか、古い固定観念は捨てるべきですね♪

MiMCについて詳しいことは公式HPへ=>http://store.mimc.co.jp/

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む