大高博幸さんの 肌・心 塾
2019.3.12

化粧水 + 美容液で、モロモロっとしたカスが出て 困っています。アトランダム Q & A 【 大高博幸さんの肌・心塾 Vol.492 】

Q 初めまして。私の Q は、高保湿 & ハリ肌を叶えるスキンケアアイテムについてです。
私の肌は 年齢の割に若く見られるのですが、50 歳を目前にして、今まで以上にハリを高めるケアに励むようになりました。ところが、そのために購入した化粧水と美容液 ( どちらも朝夜兼用 ) が、肌になじませるとモロモロっとしたカスになって出てくるので、とても困っています ( 最初は、自分の古い角質? と思ってビックリしましたが、そうでは ありませんでした ) 。夜は最後にリッチなクリームをプラスするので、それほど気になりませんが、大変なのは 朝です。プレメイクベースとリキッドファンデーションを伸ばすと、肌色のカスが生じてしまうのです。どちらもトロミのある製品で ( 先生のオススメ品ではないと思います ) 、缶コーヒーにありがちな不自然なコクのような感触を覚えますし、モロモロは オブラートとピールオフタイプのパック剤とを薄めて混ぜたような手触りがします。
スキンケア上級生の私の親友は「 ハリを高めるというタイプのアイテムには、そんな製品がよくあるわよ 」と言っていましたが、カスが出ない優秀品がございましたら、ぜひ教えてください。よろしくお願い致します。( マーサ、ドライスキン、49 歳、公務員 )

A1 Qメール、ありがとうございました マーサさんの申告内容、よく分かります。僕もハリを高めるアイテムを必要としている肌ですが、モロモロ or ポロポロとしたカスが生じる化粧水と美容液は、決して使用しません。それを好む方もいらっしゃるようですが、僕に言わせると 一種の演出のような処方であり、スキンケア製品として王道を行くモノではないと思うからです。

以下、マーサさんが納得して愛用したくなるはずの、2 社の製品 各 2 点を御紹介します。

01

宇部マテリアルズ
ユイフ モイストローション リッチ 120ml ¥3,800 ( 税抜 )
ユイフ 美容液 30ml ¥7,861 ( 税抜 )
いずれも 日本初となる 牛樟芝 ( ギュウショウシ ) の培養液から抽出したエキスを配合、大人の肌に ハリ・ツヤ・潤いを与えるエイジングケアアイテムです ( 朝夜 使用可 ) 。トロミがありながら浸透性が高く、カスが生じない処方の秘密は、かなり難しい話になりますが、以下のとうりです。
① トロミ ( 粘性 ) については、高分子の増粘剤を使用。その配合率が重要なため、繰り返し試作を重ね、浸透性を妨げたり、カスが出たりしない処方を実現。
② 浸透性については、基材として北アルプスの温泉水を使用し、三相乳化法 ( 界面活性剤を一切使わず、ファンデルワールス引力 ( 分子間で互いに引き合う力 ) を利用した新しい乳化技術 ) を採用。それにより、肌への伸びと なじみの良さを実現。
③ カスが出にくいのは、① に加え、② の三相乳化法によるシーリング ( 成分を閉じ込める ) 作用とバイオストレッチフィルム形成による効果の肌実感。
理論的には以上ですが、使用すれば 効果と後肌の良さは、一度で納得できるはずです。
より詳しくは、https://yuifu.jp 、または 0120-010-833 へ。

02

ノエビア
オイルイン セラムローション ( 化粧液 ) 145ml ¥10,000 ( 税抜 )
エンリッチ 55 ( 美容液 ) 45g ¥28,000 ( 税抜 )
まず化粧液から……。美容オイルをローション全体に散りばめた、オイルイン処方。振って使用する 二層タイプではなく、ローションの中に 微細なジェルに包まれたオイルが、安定した状態で含まれています ( ボトルを通して、オイルが細かい点状に存在しているコトが、目で見て確認できます ) 。美容オイルは、アルガンオイル、メドウフォームオイル、シュガースクワラン ( サトウキビ由来 ) のブレンド。さらにノエビアの自社農場で有機栽培された 独自のローマカミツレ花エキス配合により、エイジングスキンに豊かな潤いと弾むようなハリを もたらします。
エンリッチ 55 は、新しいアプローチによるコラーゲン美容液。コラーゲンの元となる成分や 肌表面でコラーゲンのしなやかな膜を作る成分など、5種のコラーゲン関連素材を配合。さらに 5 種の植物エキス + 浸透型ビタミンC 誘導体 + 水溶性ビタミンE 誘導体の配合により、若々しいハリと輝きに満ちた肌へと導いてくれます ( 2 品とも 朝夜 使用可 ) 。
より詳しくは、http://noevirstyle.jp 、または 0120-401-001 へ。

上記 2 社の計 4 品は、いずれも 適量よりも多めに使用したり、肌の上で必要以上に撫でたり メイクをしたりしても、カスは 生じませんでした。マーサさんの Q に A するために 1 週間以上、継続試用したのですが、いずれも僕の必需品となりそうです。

では マーサさん、これからもスキンケア、がんばって続けてくださいね。スキンケア上級生のお友だちにも、よろしく お伝え頂ければ 幸いです。Good Luck!

 

 

アトランダム Q&A企画にて、 大高さんへの質問も受け付けています。
質問がある方は、ペンネーム、年齢、スキンタイプ、職業を記載のうえ、こちらのメールアドレスへお願いいたします。
試写室便り等の感想や大高さんへのコメントもどうぞ!
biteki-m@shogakukan.co.jp
( 個別回答はできかねますのでご了承ください。)

ビューティ エキスパート
大高 博幸
1948年生まれ。24歳の時、日本人として初めて、パリコレでメークを担当。『美的』本誌では創刊以来の連載「今月のおすすめ:大高博幸さんが選ぶベストバイ」を執筆。
■大高博幸さんの 肌・心塾
http://biteki.com/beauty-column/ootakahiroyuki

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事