実樹Beauty
2019.11.29

ハイライト&シェーディングで「骨格美人メイク」【有村実樹の美LIFE #10】

本格的に寒くなってきましたね。
コートやタートルネックなど暖かい服ほど首元が詰まりがちで着膨れが心配な季節でもありますね。
そんな時こそ活用したい、ハイライト&シェーディング。
上手に使えば骨格美人が叶いますが、失敗するとハイライトのつもりがテカリメイクに!?
なんてことにならないためにも、それぞれの入れる位置を今一度確認して、
失敗しない骨格強調メイクにチャレンジしてみませんか?

仕上がりはこちら!
img_3526

頬と鼻筋に光が射し立体感が強調されています。
眉頭から鼻筋の横にすっと影が入ることで目元全体のメリハリ感もUP。

img_3523

顔全体の陰影がよりわかりやすいように正面顔も撮ってみました。
パーツメイクはナチュラルですが、ベースメイクに陰影をつけるだけで華やかさが出てきます♪

 

さて、講座でもよく質問に上がるのですが、骨格メイクで大切なのがツヤとテカリの違いです。
難しく聞こえますが、実はツヤとテカリの違いはとても簡単。
次の写真を見ながら、説明しますね。

img_3531

*オレンジの点線→ハイライト(ツヤ)
*ブラウンの点線→ローライト(シェーディング)
*赤の点線→テカリに見える部分

 

ハイライトを入れるところは、横から見たときに顔の中で前に出ている、高さのある部分です。
ローライト(シェーディング)はハイライトの隣、後ろに下がって低くなっていく部分に入れます。
隣に影があることで、ハイライトがより強調されますよ。
大切なのが赤い点線のところ!
眉上と小鼻はどんなにキレイに光をつけたとしても、テカリに見えてしまう部分なので要注意!
ツヤ肌メイクをしたつもりが、「テカってるよ」と指摘された経験がある方、意外といるようです。
そんな方はとにかくこの2パーツだけパウダーで押さえておけばもう安心ですよ♪

それぞれ入れる場所をしっかり覚えて、骨格美人を目指しましょう。

 

instagramでは「骨格美人メイク」のメイク動画を公開中!
合わせてチェックしてくださいね。
@arimura_miki

使用アイテム

img_7301
☆11月発売の使用アイテム☆
ケサランパサラン グロウアイカラー BE01
☆発売済みの使用アイテム☆
メイベリン フェイスステュディオ Vフェイス デュオスティック 01 ライト
セザンヌ パールグロウハイライト 02
キャンメイク シェーディングパウダー 01

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事