メイクHOW TO
2019.11.23

“薄ツヤ肌”で女っぽく上品に。どんなメイクや服にも合うベースメイク術|林 由香里メイクの極意5

今や美容業界でその名を知らぬ者はいないほど活躍中のヘア&メイクアップアーティスト林 由香里さん。女っぽく上品に見える肌の作り方を教えてもらいました。
改めまして、林 由香里さんとは?

「肌がイケていればどんなメイクにも服にも、品と女らしさが宿る!」by林 由香里

自身の肌を実験台に肌作りを試行錯誤した結果、薄づきでツヤと透明感のある肌が、大人をいちばんキレイに見せてくれると実感。メイクにバリエは必要でも、肌にバリエは必要なし!“薄ツヤ肌”は、どんなメイクも服も受け止めてくれるし、何より女っぽく上品に見えるんです。

【下地】肌作りの7割はこれで決まる!

“薄ツヤ肌”の“薄さ”も“ツヤ感”もこの下地がカギ。この段階でくすみや色ムラを粗カバーし、透明感を仕込めば、肌の7割は完成したようなもの。ピンクorオレンジ系の色つきのものをたっぷり全顔に塗るのがポイント。

img_0003
A 透明感とツヤ、潤いを同時に仕込めるベース。
SUQQU トリートメントセラム プライマー 30g ¥6,000

cut01_0002
乾きやすい下地は半顏ずつ仕上げると◎

【クッションファンデ】必要箇所に“ミニマムに”が林流

ファンデは全顔に塗らず、肌印象を左右する頬やあご、おでこなどに部分的に塗ります。使うのはリキッドでもパウダーでもなくクッション。最新のものなら、量の調整もしやすく時短とキレイが同時にかないます。

img_2004
B カバー力、密着感、ツヤのバランスが◎。
NARS ナチュラルラディアント ロングウェア クッションファンデーション SPF50・PA+++¥5,000

cut01_0007
微調整しやすくツヤも出るのは指塗り

【コンシーラー】カバー力の違う2種を使い分け

美肌の邪魔になるくまなどの色トラブルはファンデを厚塗りするより、潔くコンシーラーでカバー。カバー力の違う2種を使い分けると、より自然に仕上がり、下地やファンデで作った“薄ツヤ”感を損ないません。

\しっかりめ/
img_0004
C 高いカバー力と保湿力。
クレ・ド・ポー ボーテ コレクチュール ヴィサージュ NO[SPF25・PA+++] ¥6,000
cut01_0026
くまやニキビ跡にはカバー力高めタイプを

\薄め/
img_0002
D 肌と一体化するようにフィット。
カネボウ インターナショナルDiv. カネボウ コンシーラーコンパクト ¥6,000
cut01_0015
薄づきタイプは小鼻や口角のよく動く部分に

【パウダー】ツヤを生かしてテカりを抑える

パウダーは通常のテカりを抑える役割に加え、立体感を演出する役割も担います。フェースライン、小鼻、鼻筋わきと引き締めて見せたい部分にのせると、ツヤ部分とのコントラストで、メリハリのある顔だちに。

img_0001
E 粉っぽさゼロの超微粒子パウダー。
イヴ・サンローラン・ボーテ アンクル ド ポー オール アワーズ セッティングパウダー B20 ¥6,500

cut01_0032
シェーディングを入れる位置にオン

 

教えてくれたのは…
ヘア&メイクアップ アーティスト 林 由香里さん
1985年生まれ。長野県出身。 中学生の頃から化粧に興味をもち、メイクをし始める。高校1年生でメイクアップアーティストになることを決意。日本美容専門学校を卒業後、美容師として3年半サロンに勤務。その後 ヘア&メイクのアシスタントを経て、11年に独立。

 

美的12月号掲載
撮影/横山創大(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/林 由香里(ROI) スタイリスト/辻村真理 モデル/唐田えりか 構成/杉浦由佳子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事