ネイル・デザイン
2017.8.25

え…上品フレンチは9位!? 男性が好きな「女性のネイル」断トツは…

指先がキレイだと、自然と気分が上がるのが女心。一方で、男性は女性のネイルについてどう思っているのでしょうか。今回『美レンジャー』では、20~40代の男性500名を対象に「好印象な女性のネイルは?(複数回答可)」とアンケートを実施しました。

その結果をランキングでご紹介。また併せて、デザインやアートだけでなく、ケアも重要視している『Nailsalon SiSi』代表の栗原いずみさんに、地爪をキレイに保つための“基本ケア方法”について教えていただきました。

 

圧倒的1位は…?「男性が好印象を持つネイル」ランキング

第10位・・・ダークカラーのネイル(4.2%)

第9位・・・爪先だけ色をのせたフレンチネイル(4.4%)

第8位・・・季節ものの柄が入ったネイル(5.0%)

第7位・・・キラキララメが入ったネイル(5.6%)

第6位・・・花柄が入ったネイル(6.2%)

第5位・・・赤などビビッドカラーのネイル(8.0%)

第4位・・・淡い色のネイル(11.6%)

第3位・・・透明なトップコートのみのネイル(19.2%)

第2位・・・ストーンなど派手なデコレーションを施したネイル(24.4%)

第1位・・・何も塗っていないネイル(36.2%)

ヘアやメイクでも、シンプルやナチュラルを好む男性は多いもの。今回のネイルについても、最もシンプルな“何も塗っていないネイル”が断トツで1位、“トップコートのみ”が3位にランクインしました。

しかし、2位には全く逆の“派手なデコレーションネイル”がランクイン。ネット上では、「美意識が高くてよい」「身だしなみに気を使っているのがわかる」という男性からのコメントが見受けられました。

それでもやはり「ネイルをしていると家事ができなさそう」「浪費家なイメージ」「必要性を感じない」という意見は多く、“何も塗っていないネイル”を支持する男性が多いようです。

 

プロ直伝!地爪をキレイに保つ基本ケア

何も塗っていない爪といっても、きちんとお手入れされていないと逆に印象ダウンの可能性も。栗原さんに地爪のセルフケアについて伺いました。

(1)保湿

「爪も肌と同じように、乾燥すると硬くなりヒビが入りやすくなったり割れやすくなってしまいます。二枚爪や縦線などのトラブルを防ぎ、地爪をキレイに保つためにも、日々の保湿はとても大切なケアです」(栗原さん・以下「」内同)

保湿方法はハンドクリームでもOKですが、爪は肌よりも硬いため、粒子が細かく浸透率が高いオイル状になっているものがオススメとのこと。また、クリームはオイルを弾いてしまう性質があるため、ハンドクリームとネイルオイルを併用する場合は、ネイルオイルを先に使用するのがよいそうです。

(2)ネイルカット

「自分で爪を短くするときには、まず爪切りやネイル用ニッパーでカットした後に、ネイルファイル(やすり)で形を整えていきましょう。滑らかにすることで亀裂が入りにくくなります」

使用するネイルファイルのグリッド(粗さ)も重要。爪の先端を整える際には、粗すぎず細かすぎない180G(グリッド)前後の『エメリーボード』と呼ばれるネイルファイルがオススメとのことです。

爪をカットするときは、先に爪をお湯に浸して少し柔らかくしておくと、爪切りやニッパーを使用したときの爪への衝撃が少なくなります。

(3)爪磨き

「普段の生活で、爪は色々なものとぶつかったり擦れ合います。その度に爪の表面に小さな傷やヒビが入ってしまうことも。後に二枚爪などのトラブルになるのを防ぐためにも、ジェルやマニキュアを塗らず地爪で過ごす場合は、定期的に爪の表面を磨いてあげましょう」

【セルフ爪磨きの方法】

1.200G程度のバッファー(スポンジ状のやすり)で爪の表面全体を軽く擦って凹凸を滑らかにする

2.表面に出た粉をブラシ等でよく掃う

3.ネイルオイル少量を爪全体によく馴染ませる

4.シャイナーで爪の表面全体を擦りツヤを出す

先端部分にもシャイナーをかけてあげると、爪先までツヤツヤなとても美しい地爪に仕上がります。

(4)甘皮ケア

「甘皮周りがキレイにケアされていると印象はかなり違います。定期的にネイルサロンでケアを続けることが理想ですが、簡単な甘皮ケアはセルフでもできますよ」

【セルフ甘皮ケアの方法】

1.キューティクルリムーバーを甘皮周りに塗布する

2.お湯に浸してキューティクルリムーバーを甘皮に浸透させる

3.強く押し上げすぎないように注意しながら、ウッドスティック(なければ綿棒)で“少しずつ”甘皮を押し上げる

4.押し上げたときに出た薄い皮(ルースキューティクル)や、甘皮の中から出てきた薄い皮(ルーススキン)を、ウッドスティックで優しく剥がす

ただし、甘皮処理をやりすぎたり、間違った方法で行うと、爪の発育障害や皮膚の細菌感染を引き起こすこともありますので、十分注意しましょう。

 

ネイルをしていなくても、セルフケアでキレイな指先を保ちたいもの。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【取材協力】

※ 栗原いずみ・・・銀座一丁目にあるアットホームな隠れ家サロン『Nailsalon SiSi』の代表(Instagram)。日本とアメリカでゲームや映画等のグラフィック制作の仕事に携わり、帰国後は前職で学んだペイントや色彩等アート全般を活かし、ネイリストとして都内サロンで店長やマネージャーを経験。ネイルサロンの新規オープンや運営アドバイザーとしても活動中。

 

初出:美レンジャー  ライター:クレメント理沙子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事