メイクHOW TO
2021.7.6

【目の形別】シャネルの人気アイシャドウパレットを一重・奥二重・二重で塗り比べ♪

\"\"

目元を優しく強調するローズカラーのシャネルのアイシャドウパレット。オススメの塗り方を目元別にレクチャーします!

【パレットアイシャドウ部門2位】シャネル レ ベージュ パレット ルガール テンダー

cutout-039%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

¥8,250

レ ベージュ パレット ルガールの詳細はこちら

【一重】下まつげの隙間を埋めて吸引力のある瞳に

2%e4%bd%8d-%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%8d%e3%83%ab%e4%b8%80%e9%87%8d

上まぶたは色をのせすぎず、あくまで下まぶたを主役にして。2を下まつげを埋めるように5点おきすればフレームが強調され、凜とした目元に。

 

【奥二重】目頭に色味を集中させて印象に残る眼差しへ

2%e4%bd%8d-%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%8d%e3%83%ab%e5%a5%a5%e4%ba%8c%e9%87%8d

まぶたがかぶさり色の出にくい奥二重は、目頭部分に2を強めに広げて深みをプラスして。彫りの深さを思わせる、ぱっちりアイをかなえます。

 

【二重】甘さ控えめの赤みメイクは“ニュアンス囲み”が鉄則

2%e4%bd%8d-%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%8d%e3%83%ab%e4%ba%8c%e9%87%8d

3をアイホールにのせた後、二重幅~下まぶた全体を5で囲って。3と5の境目をぼかすように2を広げれば、甘くなりすぎない上品な印象に。

 

『美的』2021年8月号掲載
撮影/青柳理都子(人物)、辻郷宗平{hlb}(静物・Bebop) 監修/高橋里帆(HappyStar) ヘア&メイク/豊田千恵 モデル/青木梨乃、鮫島理美・嶋村祐香(美的クラブ) 構成/中島麻純・島田七瀬・宍戸沙希(スタッフ・オン)

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事