メイクHOW TO
2021.5.18

下地にフェースパウダーをかけて擬似的“美すっぴん”がかなう!【美的GRAND】

マスクメイクが主流となり、注目を浴びているのが“お粉”。美肌見え、もちが持続、何よりマスクにつかない…など、バージョンアップしたフェースパウダーをお試しあれ。

パウダーレスに見えるパウダーはこれからの必需品

近年進化が目覚ましいベースメイクアイテム。プロのヘア&メイクさんが口をそろえて、とにかくベースは新作を使うのが、手っとり早く今っぽ顔になるための必須条件、と断言する程です。中でも、今季の注目は…
「ずばり、“フェースパウダー”です。進化した粉体は粒子が本当に細かく、肌の上で“消える”という程、軽い。厚化粧に見える膜感ゼロなのに、肌補整効果はあって毛穴レスのなめらか感を実現。同時に透明感が高く、ファンデなどで仕込んだ艶が透けるから、パウダーをしてもフレッシュな艶美肌になるんです。しかも、最新の粉体は密着感が高く、マスクとの摩擦とベースメイクのくずれをコートして防ぐサラスベな仕上がり。粉っぽくならず、マスクにもつきにくい…といいことずくめ。今季はどんなベースメイクもパウダーで仕上げると、美しさも格段に進化します」

ヘア&メイクアップアーティスト

岡田知子さん

演出家のような目線で、モードから美容誌、グラビアまで、どんな人も即、自然なおしゃれ顔に変える天才。

下地にフェースパウダーをかける場合

ついてないかのようなごくうすで疑似的“美すっぴん”がかなう!サラサラなのに潤い、艶をたたえた肌に

「自粛でファンデ離れした期間、支持されたのが下地+パウダーで仕上げる肌。おなじみの組み合わせですが、進化系パウダーを使うと、粉の見えなさ、つるんとなめらかな仕上がり、毛穴落ちのなさなど、質感の優秀さや肌補整力に驚きます。パウダーはくずれやすい部分を中心に押さえ、頬はあえて下地の艶のままで潤い感を生かすのもポイント。ついていないかのような一体感で、リモートや休日にぴったりなヌケ感が生まれます」(岡田さん)

HOW TO MAKE-UP

202104ggrandp56-2
(1) パフにフェースパウダーをとる。手の甲で余分な粉をはらい、パフの面についているパウダーの量が均一で、余分な粉の固まりがついていないことを確認。

202104ggrandp56-3
(2) 額からスタート。額の中央から外へおくようにしてポンンとつけ、すーっと横になじませる。下地だけだとくずれやすいので、生え際もぐるっとしっかり押さえる。

202104ggrandp56-4
(3) (2)からの続きで、もみあげからあご、フェースラインの下からあご下までポンポンとおいていく。さらにそのまま首までつけて質感をつなげると、より自然に見える。

202104ggrandp56-5
(4) パウダーをつけ直して、パフをふたつに折り、小鼻の横と眉の上にトントンとのせる。この2か所はテカっていると生活感が出てしまう部分なのでしっかりと。

使用したフェースパウダーはこれ!

202104ggrandp56-16
最新フェースパウダーの代表作。なめらかな艶を含む“グロウマット”な仕上がりに。
THREE アドバンスドエシリアルスムースオペレーター ルースパウダー 02 ¥5,500
アドバンスドエシリアル スムースオペレーター ルースパウダーの詳細・購入はこちら

下地はコレ!

202104ggrandp56-21
艶々の仕上がりで1日乾かない快適肌に。
ディオール ディオールスキン フォーエヴァー スキン ヴェール SPF20・PA++ 30ml ¥5,800
ディオールスキン フォーエヴァー スキン ヴェールの詳細・購入はこちら

『美的GRAND』2021春号掲載
撮影/花村克彦(人物)、河野 望(静物) ヘア&メイク/岡田知子 スタイリスト/平田雅子 モデル/中山由香 構成/中尾のぞみ

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事