メイクHOW TO
2021.3.1

ピンクメイクがイマイチ…そんな時は眉をトーンアップ! おすすめのアイテムは?

せっかくのピンクメイクがなぜかあか抜けない…そんな時は眉をトーンアップしてみて♪人気のヘア&メイクアップアーティストの中山友恵さんがおすすめするアイテムをご紹介します♪

ピンクメイクがしっくり来ないときは、眉をトーンアップしてみる

_20201125biteki00802
「ピンクが似合う、“儚げな透明感”を宿す奥の手! 髪のトーンを上げたり、カラコンをするのもありですが、現実的なのは眉のトーンアップ。マスカラで染めるだけでも軽やかな印象になり、ピンクメイクがしっくりなじむはず」(中山さん)

 

使用アイテム

20201127_140
平筆ライナーと、小回りの利くカラーマスカラが一体に。
RMK Wアイブロウカラーズ 05 ¥3,800

Wアイブロウカラーズの詳細・購入はこちら

20201127_103
ボビイ ブラウン リュクス ディファイニングリップスティック 07 ¥4,200

リュクス ディファイニング リップスティックの詳細・購入はこちら

20201127_096
カネボウ化粧品 ルナソル カラーリングシアーチークス(グロウ) 03 ¥3,500(セット価格・3月19日発売)

カラーリングシアーチークス(グロウ)の詳細・購入はこちら

20201127_091
ディオール トリオ ブリック パレット 643 ¥7,700(限定品)

トリオ ブリック パレット〈ピュア グロウ〉の詳細はこちら

 

ヘア&メイクアップアーティスト

中山友恵さん

リアリティのあるメイクの中に旬な空気を取り込む天才。女子のかわいさを最大級に高めるカラーメイクは右に出る者なし!

 

『美的』2021年3月号掲載
撮影/中島 洸(まきうらオフィス・人物)、五十嵐洋(静物) ヘア&メイク/中山友恵 スタイリスト/小川未久 モデル/上西星来 構成/野澤早織

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事