メイクHOW TO
2020.9.24

「赤影仕込み」で美女オーラ漂う色っぽいまなざし|マスク生活の今こそ、効く!全人類を虜にする最強アイとは?【美的GRAND】

なじんでいるのに端正で、知性も色っぽさも品もある。マスクをしていても隠しきれない美人風アイは、“血色プラス”でかないます。ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんが最強アイの作り方のルールを教えてくれました。

「赤影仕込み」で美女オーラ漂う色っぽいまなざし

1-199

(before)
1-038

マスク生活の今こそ、効く!全人類を虜にする最強アイへ

同性なりとも、視線が合うだけでドキッ♪目元しか見えないのに「この人、絶対美女!」と想像させ、マスクを(さらには服まで!?)脱がしたくなる願望をかき立てる色っぽい眼差しは、普段メイク+ちょっとのコツで簡単にかないます。

「色っぽい眼差しは頑張っているのが伝わると台無しに。目元の骨格補正は、まぶたに元々あるくすみや影の色をコントロールし、眉も足りない部分だけ補正するくらいがベター。土台を生かしながら正統派へできるだけ近づけつつ、最後に“色っぽさの正体=血色感”をにじませれば、ナチュラルにして人類をそそる眼差しが完成します」(ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん)

目元に黒を使わないのもコツ。まずはパーツ別に使用色の見直しを!

パーツ別の色味がまずは大切! 「美女オーラEYE」カラー分析!

【ルール1】まぶたは透け&赤みブラウン

biki8530
深みはあるのに透けて発色。疲れた印象を与えるまぶたのくすみを、自然で華やかな陰影へすり替えるのが、今秋多く発売される“透けブラウン”の特長。まぶたの際には、赤みブラウンもプラス。奥行きと上品な色気を混在させて。

 

【ルール2】まつ毛はダークブラウン

biki8526
色っぽい眼差し作りにおいて、目力を欲張ってはNG。マスカラは、黒よりも引き締め効果はソフトだけど、大人の目元のぼやけた印象はきちんと払拭できるダークブラウンがベストです。同じ理由で、アイラインもダークブラウンがGOOD!

 

【ルール3】眉はグレーon赤みベージュ

biki8531_p50
日本人の元々の眉色は、基本的にダークグレー。眉アイテムがブラウンだと補正した部分がバレて、不自然な仕上がりに。けれども、そのままでは存在感が強いのも事実。まぶたと同じ血色カラーで染めると顔だちになじみ、色っぽさもアップ!

ヘア&メイクアップアーティスト

長井かおりさん

メイク初心者でも簡単に理解できて実現できる、的確なアドバイスにファン多数。コスメの監修も手掛ける。

 

『美的GRAND』2020年秋月号掲載
撮影/資人導(vale.・人物)、河野 望(静物) ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/小川未久(人物)、大島有華(静物) モデル/樋場早紀 構成/北川真澄

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事