メイクHOW TO
2020.9.13

薄眉&細め眉さんの美眉の描き方|グレーの眉リキッドで描くプロのタッチを人気H&M 長井かおりさんが伝授!

毛が細く毛量も少なめという人は、繊細に眉を偽造できる眉リキッドが活躍! 汗やこすれでも落ちにくいのでメイクもち重視の人にもおすすめ。筆圧をかけた長い線を描きがちですが、力を抜き、短くふんわりとした、いい意味で“リキッドっぽくない”線を描くのがポイントです。プロのタッチをヘア&メイク長井かおりさんに教えてもらいました。

グレーの眉リキッドで描く太さ、濃さ、長さを身につけよう!

これが正解!

kd_20200703biteki00283

Point

□ どこを足したかわからない自然さ
□ 線1本1本が主張しない

あなたは大丈夫? 描き方を間違うと…

kd_20200703biteki00288
NG…筆圧が強い
NG…線が長くて目立つ
NG…眉のアウトラインを縁どる

 

使用アイテム

kd_teki7705_kage

コシのある極細筆で繊細に描ける
SUQQU フレーミング アイブロウ リキッド ペン 04 ¥3,000

フレーミング アイブロウ リキッド ペンの詳細・購入はこちら

 

眉リキッドの持ち方はこう!

_20200703biteki00337

眉リキッドの柄の中央よりも後ろ側を、親指と人さし指で軽く掴み、残りの指は添えるだけ。
慣れてきたら柄のさらに後ろ側を持って描けるとGOOD。

筆先を垂直ではなく少し斜めにして描くことで、ふんわりと柔らかなタッチの線に。ちょん、と軽く触れる感覚で短い線を心掛けて。地眉の隙間に細く短い毛1本1本を移植する感覚で丁寧に描いてみて。毛の向きや密度が地眉と同じくらいになるよう意識を。

 

ヘア&メイクアップアーティスト

長井かおりさん

メイク初心者でも簡単にできてわかりやすく、簡単にあか抜けるメイク術にファン多数! 著書も多数出版され、大人気。

 

『美的』2020年10月号掲載
撮影/中島 洸(まきうらオフィス・人物)、河野 望(静物) ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/小川未久(人物) モデル/加治ひとみ 構成/北川真澄、村花杏子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事