メイクHOW TO
2020.5.27

薄眉さんにおすすめ! シャネルのペンシルアイブロウでキリリハンサム眉に

ぞれぞれ生え方も太さも濃さも違う眉。欠点を自然にカバーするのは当たり前なので、ここであえて新提案。コスプレ感覚で、真逆の憧れ眉にメイクで大変身! 今や、アイテムやテクニックを駆使すれば、どんな眉でも手に入るんです。今回は存在感のない薄眉さんだからこそできる、キリリハンサム眉の作り方をご紹介。早速チェックして♪

なぎなた形ペンシルを駆使してキリリハンサム眉に!

20_3_4%e7%be%8e%e7%9a%841759
毛自体が細く薄い…その存在感のなさを逆手にとれば、メイク次第でどんな眉にでも変身できるのが薄眉さん。パウダーより強さが出せるペンシルなら、真逆のキリリハンサム眉も簡単に。発色が自由自在のなぎなた形なら、べったり眉になる心配もありません。

 

使用アイテム

img_0136
広い面や細い面、ペンを立てて寝かせて…といろんな線が描ける。
シャネル スティロ スルスィル ウォータープルーフ 804 ¥4,500

 

メイク方法

20_3_4%e7%be%8e%e7%9a%841725
【STEP 1】ペンシルを寝かせて眉全体を描く
なぎなたの広い面を使い、ペンシルを寝かせるようにして、眉全体を描きます。こうするとパウダーよりしっかり、ペンシルより柔らかな発色になり、薄眉を自然にカバー。

 
20_3_4%e7%be%8e%e7%9a%841726
【STEP 2】ペンシルの角度を変えて眉尻を描く
続いて角度を変えて眉尻を。なぎなたの側面を使い、細い先を描くイメージで。細い面は広い面より濃く発色するので、濃度を足してメリハリをつけたい眉尻にピッタリ。

 

20_3_4%e7%be%8e%e7%9a%841729
【STEP3】眉マスカラで毛並み感を出す
仕上げは、眉全体の濃度のムラを調整。ペンシルを立てて、点をおくようにちょんちょんと隙間を埋めると、しっかり濃さはありつつ、自然なハンサム眉の完成!

 

『美的』2020年6月号掲載
撮影/堀越照雄(TRON/人物) ヘア&メイク/林 由香里(ROI) スタイリスト/辻村真理 モデル/千国めぐみ 構成/杉浦由佳子、安井千恵

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事