メイクHOW TO
2020.2.27

最新プチプラ眉コスメを比較!セザンヌ、リンメル、キスミー フェルム…この春買うべき新製品は?

いつもみんなの関心を集めるのが、旬のアイブロウメイク。眉にもまつげにも使えるマスカラ、もちを良くするアイブロウコート、この春流行のグレーペンシル、注目の赤茶アイテムなどなど、この春買うべき新製品情報を公開!

くずれやすい人、必見!セザンヌから
もちを良くする新製品が4月にお目見え

もう“まろ眉”にならない!美眉キープの救世主、現れる
セザンヌから長時間耐久の眉製品が出るとのニュースが!リキッドが瞬時にパウダリーになるチップタイプは、汗・水・皮 脂&こすれに強いマルチプルーフ。人気のアイブロウコートはさらにもちがアップ。発売日は4月と先ですが特別に先出し!

 

パウダーリキッド
kd_img_0021
汗・水・皮脂・こすれに強く、これ1本で眉が完成!
セザンヌ化粧品 セザンヌ マルチプルーフアイブロウ 03 ¥580

 

アイブロウコート
kd_img_0023
手もちのアイブロウのもちがグンと良くなる。
同 アイブロウコートEX ¥460(共に4月30日発売予定)

 

旬度高め!プチプラ新製品を要チェック

キスミー フェルムから旬のグレーが!

kd_img_0018
人気のシリーズにナチュラルグレーが描きやすい細芯なので「グレー仕込み」に最適。
KISSME(伊勢半) キスミー フェルム クイックアイブロウEX05 ¥500(3月16日発売)

kd_%ef%bd%90%ef%bc%94%e3%82%ad%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%83%a0
すごく自然!

 

リンメルから注目の“赤茶”が!

kd_img_0017
楕円形ぺンシルとパウダーの2ウェイ製品にピンキッシュブラウンが仲間入り。
リンメル プロフェッショナル アイブロウ ぺンシル & パウダー 006 ¥1,200

kd_%ef%bd%90%ef%bc%94%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%a1%e3%83%ab
ほんのり赤!

 

サナ ニューボンからキープ力◎の新作が!

kd_%ef%bd%90%ef%bc%94%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%b3_%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99w%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%a6_%e5%ae%b9
ティントリキッドと、ファイバー入りで立体感の出るパウダーがひとつになった新製品。
常盤薬品工業 サナ ニューボーン ラスティングWブロウEX N 01 ¥1,200

kd_%ef%bd%90%ef%bc%94%e3%82%b5%e3%83%8a
夜まで持続!

 

ヘビーローテーションから抜け感+のアッシュが!

kd_img_0019
ひと塗りで高発色の眉マスカラから、新色で抜け感の出るナチュラルアッシュカラーが登場。
KISSME(伊勢半)ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ 09 ¥800

kd_%ef%bd%90%ef%bc%94%e3%83%98%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%ad%e3%83%86
おしゃれ!

目元にも眉にもOKな“マルチコスメ”がこの春、続々登場!

kd_img_0042

A 上下2色を混ぜて使ってもOK。
カネボウインターナショナ ルDiv. カネボウ アイカラーデュオ 06 ¥2,300

B 眉や目元、唇にも使えるマルチパウダー。ほかにピンク系、オレンジ系ブラウンあり。
エトヴォス ミネラルマルチパウダー リネンベージュ ¥2,300

C 写真のブラウンは眉マスカラとしても使える。
ネイチャーズウェイ ナチュラグラッセ タッチオンカラーズ(パール) 04P ¥3,200

D 眉・まつげに使えるフィルムマスカラ。黒、モーヴ、オレンジブラウンの3色。
ヤーマン オンリーミネラル ミネラルマルチマスカラ 全3色 ¥2,700

 

ミニマムメイクや時短メイクの日に最適
この春、ぜひ手に入れたいのが、ひとつで何役もこなすマルチアイテム。眉にもまつげにも使えるマスカラ、アイシャドウとしてもアイブロウとしても使える茶系パウダーなど、ササッと仕上げられてひとつあると便利なものばかり。ミニバッグの日や旅行時のモバイルコスメとしても大活躍間違いナシ!

 

 

『美的』2020年3月号掲載
撮影/横山翔平(t.cube/人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/青山絵美 構成/加藤絢子(本誌)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事