メイクHOW TO
2019.12.16

エトヴォスの潤みアイ×イヴ・サンローラン・ボーテのくすみマットリップで最旬洗練顔に変身♪

全体のトーンや統一感に細心の注意を払ったメイクはもちろんキレイだけれど、たまには思い切ってあえてバランスをくずしてみては? そんな遊び心を取り入れるのも「楽しそう」メイクの秘訣です。潤みEYEと、くすみLIPのギャップメイクのポイントを解説します。

コッパーアイバーム×マットなブラウンリップでさりげなくも強い、洗練された魅力をON

86-21
潤いを湛えた目元がひときわ視線を奪うのは、落ち着いたくすみリップのおかげ。こんな風に、メイクの足し算・引き算が簡単に成立するのもギャップメイクの良さなんです。色はワントーンでそろえればまとまりがいい上に、質感のコントラストがより明確になってこなれ感UP。コッパーEYE×ブラウンLIPのアースカラー合わせで、シンプルな中にもこだわりを感じさせる洗練顔を目指して。

潤みEYEの使用アイテム&ポイント

86-36
美容クリームべースのグロッシィな質感が、煌びやかながらも抜け感をプラス。
エトヴォス ミネラルアイバーム アンバーブロンズ ¥2,500(限定発売)

86-22
ピンポイントに重ね塗りすれば潤み度UP
アイバームを指にとり、目元をぐるりと囲むように塗り広げる。下まぶたは二度塗りすることで、涙袋の立体感が際立って印象的に。目頭・目尻側にもピンポイントで重ねてメリハリを出して。

 

くすみLIPの使用アイテム&ポイント

86-35
唇そのものが染め上げられたような薄膜仕上がり。
イヴ・サンローラン・ボーテ タトワージュ クチュール 29 ¥4,300

86-23
唇を合わせながら徐々になじませて輪郭を曖昧に
くすみブラウンのマットリップは、きちんと塗ると強くなりすぎるため、輪郭を優しくぼかすことがポイント。唇にさらりと塗ったら、上下唇を合わせながら色を全体になじませて。

 

『美的』2020年1月号掲載
撮影/アシザワシュウ(S-14・人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/北原 果 スタイリスト/小川未久 モデル/高瀬真奈 構成/野澤早織

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事