メイクHOW TO
2019.12.6

人気H&M笹本恭平さん直伝! 最旬ちょいツヤのフレッシュ肌の作り方|おすすめアイテムをすべて紹介!

カジュアル服もキレイめ服も…今どきファッションは、フレッシュな肌なしには成立しない! 人気ヘア&メイクアップアーティストの“笹兄”こと笹本恭平さんがベースメイクのセオリーを教えてくれました。

“肌作りにトレンドもバリエも必要なし。10年変わらぬスタンダードは「ちょいツヤのフレッシュ肌」”

p52-1
ポイントメイクに流行はありますが、“肌に流行りはない”というのが僕の持論。デビューして約10年、使うアイテムは変われどもテクニックは変わっていません。マットの選択肢は僕にはなく、肌をキレイに見せたいならツヤ肌の一択。特に大人ならなおさらです。美容が好きな人ほど微差にこだわって、洋服や気分、シーンに合わせて肌を着替えよう! なんて…。そんなバリエもいりません。ほのかなツヤを感じさせるフレッシュな肌は、王道にして万能。どんな服にもシーンにも映えます。実は、読者の方をメイクしていちばん驚かれるのも肌。『こんなに薄くていいんですか?』と。ベースメイクはとにかく最低量を薄く! 必要なければファンデも抜くくらいでいいんです。

使用アイテム

kd_img_0049
A.透明感の演出に欠かせないピンク。
SUQQU トリートメントセラム プライマー[SPF15/PA+] 30g ¥6,000

kd_img_0053
B.カバー力が絶妙。
RMK クリーミィファンデーションEX 全7色 30g ¥5,500

kd_img_0056
C.肌作りのキーアイテム。
アンプリチュード リキッドコンシーラー全4色 ¥5,500

kd_img_0058
D.粉量で仕上げの質感をコントロール。
SHISEIDO シンクロスキン インビジブル シルク ルースパウダー マット ¥4,000

kd_img_0005
E.繊細な微血色を演出。
セルヴォーク インフィニトリー カラーEX06 ¥3,200(限定)

kd_img_0009
F.まぶたをトーンアップ。
エレガンス クルーズ アイカラー フローデュウPK01 ¥1,800

kd_img_0054
G.テカりと一線を画すツヤ肌に。
シャネル ボーム エサンシエル スカルプティング ¥5,500

kd_img_0010
H.SUQQU トーン タッチ アイズ 12 ¥3,700

kd_img_0008
I.カネボウ化粧品 ルナソル ドレスフォーリップス 06 ¥4,200

kd_img_0011
J.エレガンス ネイルケア カラー 20 ¥2,500

メイク方法

p53-1
ベースメイクに使うのは、色ムラを整える基本のアイテムとニュアンスを足すアイテムの全7品。

SUQQUの下地を全体にムラなく塗ったら、RMKのファンデを頬の中心の3角ゾーンに塗り、残りをさらっとおでこや口周り、あごになじませます。色ムラを整えるカギとなるのがアンプリチュードのコンシーラー。頬の中心とおでこ、目の周りをカバーします。ファンデもコンシーラーもそれぞれ塗ったら、スポンジで丁寧になじませます。仕上げにSHISEIDOのパウダーをのせる前に、エレガンス クルーズのアイカラーをまぶた全体に、セルヴォークのチークを頬骨に沿って、シャネルのハイライターを頬骨の高い位置と目頭のくぼみに。こうしてツヤと血色を仕込むことで、より生命力を感じるフレッシュな肌に。

 

Profile
sasanii
笹本恭平さん
人気アーティストが多数在籍するilumini 所属。キャリア10年目の超売れっ子で、多方面で活躍中。『美的』編集部内でも、“最もスケジュールがとれにくい”ス タッフとして有名。撮影現場では鋭く 愛あるツッコミで場を和ます、ムード メーカー的存在。

 

『美的』1月号掲載
撮影/嶌原佑矢(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/辻村真理 モデル/泉 里香 構成/杉浦由佳子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事