メイクHOW TO
2019.11.22

目元はテラコッタブラウン系、リップ&チークはローズ系でお洒落ムード漂う秋顔に|林 由香里メイクの極意4

大人気ヘア&メイクアップアーティスト林 由香里さんが教えるメイクの間違いない組み合わせは、ワントーンでそろえるか、どこか1か所色をハズすかの2パターン。シンプルなのにおしゃれムードまで加速する、そのテクニックを公開します!
改めまして、林 由香里さんとは?

あえてハズすなら目元orリップが正解!

cut11_0050
計算して色をハズすと、その違和感が顔の中のリズムとなり、メイクの深みが増します。品をキープしたい大人がハズしていいのは、目元orリップ。目元をハズしたら、チークとリップは同色といった具合に、隣り合わせになるパーツをそろえると攻めすぎになりません。

cut11_0133

使用コスメ

EYE テラコッタブラウン
img_0058
A 今季のitカラーはそれだけで旬顔に。テラコッタ系ブラウン。
ランコム イプノ パレット11 ¥6,800

CHEEK スモーキーローズ
img_0059
B いい女ムードを連れてきてくれるスモーキーなローズ。
クラランス ジョリ ブラッシュ 04 ¥4,500

LIP スモーキーローズ
img_0057
C 絶妙なくすみ具合で上品な口元に。
シャネル ルージュ アリュール インク フュージョン 804 ¥4,200

メイク方法

cut11_0050
ポイントは頬に広くたっぷり入れたチーク。Bを頬の高い位置に逆三角形に入れます。リップは同色のCを輪郭に沿って塗ります。目元は、Aの左端をまぶた全体、左から2番目をアイホール、右から2番目を二重幅と下まぶたに。

 

教えてくれたのは…
ヘア&メイクアップ アーティスト 林 由香里
1985年生まれ。長野県出身。 中学生の頃から化粧に興味をもち、メイクをし始める。高校1年生でメイクアップアーティストになることを決意。日本美容専門学校を卒業後、美容師として3年半サロンに勤務。その後 ヘア&メイクのアシスタントを経て、11年に独立。

 

美的12月号掲載
撮影/横山創大(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/林 由香里(ROI) スタイリスト/辻村真理 モデル/唐田えりか 構成/杉浦由佳子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事