メイクHOW TO
2019.8.15

まつげの量別メイク|一重まぶたでもかっこいい色気を出すポイントは?

基本のテクニックに加えて、一重まぶた用のアレンジ術もマスターして「かっこいい色気まつげ」の完成度をアップ! 今回は一重と奥二重タイプのアレンジ方法をご紹介します!

一重・奥二重×まつげ多タイプ

BEFORE
65-3-1

AFTER
65-3-2
ホットビューラーで根元から上げて重めまぶたに対抗
せっかくのまつげもまぶたの重さで下がりがちなこのタイプは、ビューラーより強力に上がるホットビューラーを投入すべし!

65-3-3
【PIONT】
ホットビューラーは根元ギリギリに当てて
ビューラー、マスカラを基本どおりに塗ったら、その後にホットビューラーを。根元に押し当てたら、数秒キープしてしっかり上げます。

65-i-2
一瞬で温まる抜群の起動力。
パナソニック まつげくるん EH-SE70-P ¥2,000(編集部調べ)

一重・奥二重×まつげ少タイプ

BEFORE
65-4-1

AFTER
65-4-2
潔く“最新つけま”に頼って、楽に美まつげをゲット
一重でまつげが少ない人におすすめなのはつけまつげ。進化した最新つけまなら、マスカラ以上に自然でキレイに仕上がります。

65-4-3
【PIONT】
つけまは目尻側半分につけて1mm はみださせる
ビューラーで地まつげを上げたらつけまをオン。半分にカットして、目尻側からつけます。仕上げに毛先にマスカラをつけてなじませて。

65-i-4

65-i-4-1
繊細で自然。
ディー・アップ アイラッシュ シークレットライン リュクスラッシュ 938 ¥1,200

 

教えてくれたのは…
kd_%e3%81%84_paku%e2%98%86chan%e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f
ヘア&メイクアップアーティスト paku☆ chanさん
女子心を掴むトレンドメイクが得意な人気アーティスト。明快かつ、説得力ある理論派でもあり、スタッフからの信頼も厚い。

 

『美的』9月号掲載
撮影/岩谷優一(vale.・人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/paku☆chan(Three PEACE) スタイリスト/小川未久 モデル/春花 撮影協力/佐藤恵理、上村ゆう子 構成/杉浦由佳子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事