メイクHOW TO
2015.10.2

アラサー以降の定番ブラウンに…待った!「くぼみ目」解消メイク技

デイリーメイクは、ブラウンアイシャドウと決めている人も多いかと思います。でも、加齢が始まった大人女子にとって、ブラウンカラーはくぼみ目を、さらに悪化させてしまう場合もあるんです。

そこで、くぼみ目に悩まされる美容ライターの筆者が、この秋旬なカラーを取り入れた、くぼみ目を改善するアイメイクのコツをお届けします。

 

1:コンシーラーでまぶたのくぼみ部分を消す!

ブラウンアイシャドウは、まぶたのくぼんだ影をより濃くみせてしまいます。まずはコンシーラーで上下まぶたのくすみをカバーしましょう。

(1)アイホールにコンシーラーをなじませる

スティックタイプやペンタイプのコンシーラーをまぶたにのせ、指でぽんぽんとむらなく広げます。色々な化粧品メーカーから発売されているアイシャドウベースを塗ってもよいでしょう。

(2)下まぶたの目頭から黒目あたりにコンシーラーを塗る

下まぶたの目頭から黒目の間でくすんでいる部分にコンシーラーをなじませて下さい。茶色い部分を徹底的に隠しましょう。

 

2:上まぶたは淡いベージュのアイシャドウで!

ブラウンアイシャドウはどんな洋服にも似合う万能カラーと思いがちですが、くぼんだ目をふっくら見せるには肌になじむ膨張色がよいです。

(1)アイホール全体に淡いベージュカラーをはたく

細かいパールやラメの入った淡いピンクベージュやイエローベージュを塗ります。くぼんでいるところは特に念入りに重ね塗りすると、影が消えます。ラメがあまりギラギラしたシャドウを選ぶと下品に見えるので、気をつけて!

(2)下まぶたの涙袋に上記(1)のシャドウをのせる

淡いベージュ系やイエローゴールドなど、肌になじむ色をチョイス。涙袋がない人も、ふっくらとした涙袋を演出しますよ。

 

3:下まぶたには血色カラーを!

この秋も血色カラーが人気。落ち着いた色調のベージュ系レッドカラーを、下まぶたの目尻側1/3に、アイシャドウチップでのせます。目尻側は心持ち太くなるように塗れば、切れ長効果もアリ。しっとりフェミニンな目元になりますよ。

また、カーキ色を下まぶたにつけるとクールビューティーに。下まぶたにカラーを入れると若々しく明るい目元になります。

過去記事の「アイメイクの新常識!旬顔を作る“下まぶたテク”4色の魔法」には、様々な印象を実現する下まぶたカラー4色を提案しているので、ご自身にあった下まぶたカラーを探してみてくださいね。

 

さらに、アイラインを目尻に向けて太めに跳ね上がるように入れると、くぼんた目がリフトアップします。忙しい朝など、ついつい定番ブラウンのアイメイクに決めてしまいがちですが、この秋は下まぶたに旬カラーを使ってみてくださいね!

 

初出:美レンジャー  ライター:此花さくや

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事