健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2021.4.22

220年ぶりに世界が動く!? 星読みヒーラー yujiさんが新時代について解説

意図していても、意図していなくても、人生には何度かターニングポイントが訪れます。まさにその世代と言えるのが『美的』読者。選択は誤ることがあっても、後悔はしたくないものです。だからこそ、美容はもとより、仕事、恋愛、お金、人生など、ものの見方を広く持った人に話を伺いたいですよね。今回は星読みヒーラーのyujiさんにお話を聞きました。ぜひチェックしてみてください。

星読みヒーラー yujiさんの「転機」の話。

星読みヒーラー

yujiさん

ゆじ/香川県高松市生まれ。18歳でイタリアに渡り、現地大学院を卒業。ミラノにて働き始めるも、ヒーラーとしての宿命に抗えず拠点を東京に移し、ヒーラーとして活動を開始。現在は連載、講演など、幅広い分野で活躍中。最新著書『風の時代に自分を最適化する方法』(講談社)がベストセラーに。
PHOTO / TAKURO WATABE

220年ぶりに世界は新機軸へ!今こそ心のままに羽ばたく準備を

202105gp561-2
西洋占星術、いわゆる星占いの世界では2020年12月22日に今まで我々が慣れ親しんだ土の時代から、新時代である風の時代になったとされています。ちょうど風の時代の開門の日である22日にはツイッターでもトレンドワードに入っていたぐらいなので、もう既にチェックしている方も多いかもしれませんね。
地球から見て遠いところにあることから非常に長い公転周期を持つ惑星、土星と木星。ともに社会とか世界の動向を司ると言われている天体なのですが、それらが約20年に一度重なる(重なったように見える)のがグレートコンジャンクションであり、それが10回前後繰り返されると、時代の“空気”がガラリと変わり、世界は新時代へと舵を切ると言われています。

私たちが足を踏み入れた新世界。
風の時代と言われるニューワールドは“精神・知性・思想・心”といったものが注目される時代であり、また、それと並行して今までの土の時代の価値観がこの世界からアンインストールされると言われたりしています。

新しい価値観や仕事、ライフスタイル。
220年ぶりに時代の軸が変わったことにより、そういった“ニュー〇〇”的なものがどんどん生まれてくることとなると思いますが、この新時代をサバイヴするために、豊かで幸せに生きるために、私たちは一体何をするべきなのでしょうか。また、何をやめるべきなのでしょうか。

心のままに過ごすことができる時代
その答えやヒントはきっと時代のメインコアとなる“風‥精神、心”というところに見つけられるはずです。心も精神もともに目に見えないものであり、数値化もしくは評価ができないもの。

でも、だからこそ、そこには上下や優劣というものはなく、劣等感等を抱くことなく心の安息地を確保して、皆が自由に、“文字どおり心のままにその羽を広げる”ことができる。新時代とはきっとそういう皆が自由を謳歌できる時代ではないかと思うのです。また、精神性がフォーカスを浴びる時代であるということは、優しさ、慈愛、思いやり、気遣いといった前時代においては“5段階評価”に組み込まれることのなかったものが力を持つ時代であるとは言えないでしょうか。

新時代のキーワードは共振・共鳴
特にここ数年はいろいろな分野で“女性性を生かす”等という声が聞こえていますが、その言葉が指すものや真意が上記のような“優しさ、母性、愛”というものであるならば、これからは男女問わず“母性”を生かしていく時代になっていくように思います。真に心やさしき人たちがその“心の力”を発揮して、各地にコミュニティを作ったり、仲間同士、志や共感できる商品・サービスを介したりして、横のつながりを充足させて生活を営んでいくのではないでしょうか。土の時代に存在した、上下意識の強い、ヒエラルキーが幅を利かしていた時代感から、今度は共振・共感をもとに横へ横へとつながりを広げていく、時代感へ。

世界は今、大きく変わろうとしています。

『美的』2021年5月号掲載
イラスト/市村 譲 構成/野村サチコ、宮田典子(HATSU)

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事