健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2020.9.27

漫画『メタモルフォーゼの縁側』とイオニコのシャンプー&トリートメントでほっこり&ときめきを! 連載・薬剤師 津田マリエの“効く”漫画&コスメの処方箋

美的世代の女子は、恋に仕事にプライベートに、悩みやストレスもいっぱい。そんな沈んだ心をものの20〜30分で、スッと軽くくれる漫画をご紹介。この連載は、年間300本以上の作品を読む、薬剤師の津田マリエさんが、悩みや症状に合わせて“心が元気になる漫画とコスメ”を毎回処方。読んで、試して、心も見た目も引き上げちゃいましょう!

%e3%83%a1%e3%82%bf%e3%83%a2%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%bc

© 鶴谷香央理/KADOKAWA

好きなことは何歳になっても楽しみたい! と感じる作品

「「このまんががすごい!2019」オンナ編第1位を獲得した作品。1冊のBL漫画から始まった年の差58歳のほんわかした友情ものですが、とにかく2人の関係が優しくて可愛くて読んでいてほっこり。疲れてホッとしたい日に読むのもおすすめです。好きなことだけど年齢のせいで諦めていることがある人には、きっと響く漫画。症状に思い当たる方は、ぜひ読んでみて」

処方箋No.28

・こんな症状におすすめ
好きなことだけど年齢のせいで諦めていることがある。

・処方マンガ
メタモルフォーゼの縁側」鶴谷香央理(KADOKAWA

・薬効
年齢関係なく好きでいていいと思える。

・副作用
趣味友が欲しくなる

・何巻まで処方
4巻まで。1巻からすでに面白い! でも2人がイベントに参加する2巻まではぜひ!と言いたいところですが、4巻までノンストップで面白いのでやっぱり4巻まで。まだ4巻までしか出ていないので全巻どうぞ!

・あらすじ
子供達の書道の先生をしている市野井雪、75歳。旦那さんの3回忌が終わった夏の暑い日に、涼んで帰るかとふらっと立ち寄った本屋で綺麗な絵に惹かれて買ったその漫画は、なんとBL作品だった。その本屋でバイトをしている高校生の佐山うららは、雪がレジに持ってきた本に驚きはしたものの雪のことが気になった様子。実はうららもその漫画が好きだったのだ。1冊のBL漫画から奇妙で素敵な年の差58歳の友情が始まる。

 

心にささる!元気になるPOINT

趣味友に年の差なんて関係ない

 

「高校生のうららは、学校で好きなものの話をしている同級生を見ては「いいなぁ。私もあんなふうに好きなものの話で盛り上がったりしたい」と思うものの話しかける勇気が出ない。一方、75歳の市野井雪は、偶然手に取ったBL漫画の続きが気になり、本屋に買いに行ったところ在庫切れだった。店員のうららに続きの発注を頼むことに。

 雪は頼んでいた漫画を取りに行ったとき、表紙の感じが違うことを疑問に思っていると、うららからあれは大人になった主人公たちですよと教えてもらう。うららもこの漫画が好きだということを知った雪は、「ずっと誰かと漫画のお話したかったの」と、うららをお茶に誘う。 それに対してうららは心の中で「私も。思い描いていた相手とはずいぶん違うけど」と思いながら喜んでいた。

 その後、メル友になり、うららのオススメのBL漫画を雪の家に持っていったりして仲良くなる2人。漫画の感想を言い合いながら家でご飯を食べたりするのですが、2人関係が優しくて暖かくてほっこりします。読んでいてすごくいいなと思うのは、2人とも世間体を気にせずお互いを迷いなく友達と呼ぶところ。例えば、普通若者向けのイベントにおばあちゃんと一緒に行くのは気が引けるという高校生もいると思いますが、うららにはそれが一切ないのです。むしろ雪を案内しようと下調べをしたり、雪を気遣う優しさが素敵だなと思いました。年の差の友情には、世間体や人の目を気にせず相手だけを見る素直さが大事なのかも。本人同士が友達だと思っていて楽しければそれでいいですしね。私も年の離れた趣味友が欲しい!と思うほど」

 

いくつになっても、何かを好きになったりワクワクしたりしてもいい!

「ある日、うららはTwitterで大好きなBL漫画の作家さんがイベントに参加するということを知る。うららは憧れの作家さんにひと目会いたくて絶対行く! と決意。雪にも教えた方がいいよねと思うのだが、まだメールのやり取りもしていない時期だったため連絡するかどうかを迷う。しかし自分もイベントに行ったことがないうららは「友達と一緒にイベントに行って、本買って作家さんに挨拶して帰りにお茶してみたい」という気持ちが勝り、雪を誘うことに。

すると「うららさんに誘ってもらって絶対に行こうと思ってるの。とってもうれしいのよ。でも私みたいなおばあちゃんが行っても大丈夫かしら」という雪にうららは思わず「大丈夫です。私案内するので!」と返す。こうして2人はイベントでしか手に入らない漫画を買うべく初の同人誌イベントに行くことに。イベント会場は池袋サンシャイン。雪はサンシャインが開業したときに展望台に登ろうとしたけど2時間待ちでやめたというエピソードを話す。それに対してうららが「これから1時間くらい並ぶと思うんですが大丈夫ですか?」と聞くと雪は「えっ、そんなに人気があるの? そういうことなら急ぎましょう! それとこれとは話は別!」と急ぐ(こういうところが可愛い!)。沢山の人が列に並んでいるのをみた雪は、亡くなった旦那さんに対して「ごめんなさいねあなた。私ばかり楽しくて」と思いを馳せる。そして「うららさん。いざ並びましょう!」というシーンはカッコよくてとても好きでした。長い列で足腰にきてもめげずに目当ての本をゲットしにいくシーンはクスっと笑えて雪がとても可愛く見えます。

 普段の雪は、上品な書道の先生で、可愛らしいおばあさんという感じ。でも趣味に対して恥ずかしさやこの年でこんな趣味持っていいのかという迷いがないところが清々しく、いくつになっても楽しむことを忘れないというか全力で楽しもうとする姿にはとても勇気をもらえます。雪とうららが楽しそうに漫画の感想を言い合うところをみると、いくつになっても何かを好きになったり、ワクワクしたりすることは素敵だなと。そうだよね。趣味に年齢制限なんてないよねと思わせてくれます。

 4巻まで読むと2人の友情を見守っていきたいという謎の気分になっちゃいます。雪がコメダ先生にお願いした感じで私も鶴谷先生にお願いしたい。先生早く新刊が読みたいです! でも先生無理だけはせず! むちゃくちゃ言ってますが、それくらい新刊を楽しみにしております」

 

毛先までツルンとした髪に胸踊る!

漫画を読んで「何歳になっても胸のときめきは大切!」 と感じたら、今度は毛先までツルンとしたヘアへ導くアイテムで、自分にもときめきをどうぞ。

 

イオンバランスを整えて、ダメージをケアするヘアケア

twincollage20200925200717

左から/イオニコ プレミアムイオン ダメージケアシャンプー(モイスト&リペア)450ml ¥1,400  同 クイックリペアウォーター(毛髪美容補修水) 180ml ¥1,400

独自のプレミアムイオン処方で、髪のイオンバランスを整えて、サラサラツヤツヤなヘアに導くヘアケア。ノンシリコンタイプのシャンプーは、きめ細かい濃密泡で髪の摩擦を軽減。ダメージが進行した髪を補修する成分を厳選配合。髪の毛に塗布すると温かくなる独自技術を用いたリペアウォーターは、温感美容液によって髪への浸透スピードがアップ。贅沢な美容保湿成やダメージ補修成分が傷んだ部分に密着。キューティクルを整えて、傷んだ髪をしっかりケアしてくれる。

 

【プロフィール】
漫画を処方してくれたのはこの方!
%e6%b4%a5%e7%94%b0%e3%81%be%e3%82%8a%e3%81%88%e5%ae%a3%e6%9d%90

◆津田マリエさん
ドクター津田コスメラボCEO。皮膚科医の母を持ち、幼い頃から美容に馴れ親しむ。また、薬剤師の免許を持ち、インナービューティにも精通。インスタグラム(@marie_tsuda1079)でも、日々美容情報を発信中。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事