健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2020.9.29

「仕事が心配…」「給料ダウン…」「ストレスで暴飲暴食…」withコロナ時代の心トラブルをプロが解決!

『美的』読者に、コロナにまつわる美容悩みを緊急アンケート取材。 繰り返すニキビ、マスク肌あれ、戻らない体重、折れがちな心…リアルなコメントからのトラブルへの対処法を公認心理師・心理カウンセラーの小高千枝先生と、印象評論家の重太みゆきさんが教えてくれました。あなたも心悩みやストレス、抱えていませんか?

Q.疑心暗鬼で性格が悪くなったように感じます。マスク警察までは行かなくても、他人のせきやくしゃみにも気が立ちます

A.自分が揺るぎない信念をもつと、心が揺らぎにくくなります
202009gp213-22
「私の場合“人の悪口さえ言わなければ、絶対に風邪をひかずに元気でいられる”という暗示をかけています。おかげで25年間一度も体調をくずしたことがありません。自分の中で暗示をかけることで、心も体も強くいられる気がします」(重太さん)

 

Q.SNSをチェックする時間が増え、つい他人と自分を比べて、気持ちがモヤモヤ…

A.誰かと比べるのはメンタルのムダ使い
202009gp213-23
「決して、その人になりたいわけではないはず。なので、他人と比べるのではなく、自分ならどんな投稿をしたら幸せなのかを考えるようにシフトしてみては。その幸せを目標に、自分を励ましながら、ブラッシュアップする時間にしましょう」(重太さん)

 

Q.いつまでこの生活が続くのかと思うと、ストレスがたまり、食べて発散型になってしまいました

A.ストレスの原因と向き合って!
「ストレスを感じながら食べると、体脂肪をためやすくし暴飲暴食を加速させるコルチゾールというストレスホルモンが分泌されるので、さらに太りやすくなります。食べてしまう罪悪感はさておき、まずはストレスの原因と向き合いましょう」(小高先生)

 

Q.給料ダウン。買い物にも行けず、気がめいるので、リフレッシュ方法を教えて!

A.パワーポーズで、空に向かってエアボクシング
202009gp213-25
「人は、胸板が内側に下がると自信がなくなったり落ち込む傾向があり、うれしいときに手を上げるそうです。なので胸を張って、目より高い位置に手を上げ“私は絶対に大丈夫ー!”と叫びながらエアボクシングを。不思議とイヤな気持ちが払拭されて、スッキリしますよ」(重太さん)

 

Q.仕事が元どおりに戻るか心配。大企業の倒産も聞くので不安です

A.自分が今まで積み重ねてきたことを発展させる絶好のタイミングです
202009gp213-26
「世界中が皆、大変な時期なので、不安に捕らわれてばかりいないで。今まで築き上げたことを生かして資格の勉強を始めたり、発展をもたらすことを始めましょう。先が見えない生活は不安だと思いますが、動かないことがいちばん良くない。動けば必ず前進します!」(小高先生)

 

Q.友人と外食することが楽しみでしたが、できずにストレスがたまっています

A.気合を入れて、オンライン食事会に挑もう!
「友達との食事会さながらの“オンライン食事会”の開催を。お店で食事を楽しむような気分を味わうことが大切なので、友達と同じ食事をデリバリーして、食器にキレイに盛ったりしておしゃべりを楽しみましょう。外食と変わりない満足感が得られます」(重太さん)

202009gp213-41
自宅で「俺のフレンチ」や「俺のイタリアン」のコースが楽しめるデリバリーサービスが登場。『俺のデリバリー』¥5,000コース2名〜。お届けエリアや営業時間などは、https://orenodeli.comをチェック。

 

Q.彼とデートがなかなかできません!

A.会わずに愛を深める努力をしてみては?
「落ち込むと“つらい”感情しか生まれません。例えば、便箋に熱いラブレターを書いてみるのも新鮮!新しいことに挑戦すると、自分の幅が広がって人としても成長します。彼からも“新たな魅力”として映るはず」(重太さん)

 

Q.社会とのつながりや自分の存在意義みたいなものをどう生み出そうか悩みます

A.他者評価ばかり気にしないことが大切です
「協調性を大切にすることは素晴らしいことです。でも、自分の存在意義は、他人の評価ありきではありません。自分の人生をどう楽しむかを見つけてください」(小高先生)

 

Q.婚活ができなくて困っています

A.まずはオンラインで肩慣らしを!
202009gp213-27
「予行練習と思って、SNSやアプリを使って男性とのやりとりを休まずにしておきましょう。そうすると、いざリアルに対面したときにパワーを発揮できますよ」(小高先生)

 

公認心理師・心理カウンセラー

小高千枝先生

おだか ちえ/ストレス社会で生きる、女性の気持ちに寄り添うカウンセリングに定評あり。

印象評論家

重太みゆきさん

しげた みゆき/亜細亜大学教授。どんなときでも笑顔でいられるスマイルトレーナー(R)の育成も行っている。

 

『美的』2020年10月号掲載
イラスト/大窪史乃 構成/むらなかさちこ、野村サチコ、有田智子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事