健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2020.9.13

制汗剤は毛穴をふさいでしまうってホント?真相をライオンのヘルスケアマイスターに直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

日常生活で生まれる美容や女性のライフスタイルの疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は制汗剤について。制汗剤は毛穴をふさぐってホント? 制汗剤の開発にも携わり、健康・衛生・美容分野の暮らしのマイスターであるライオン株式会社の芳賀理佳さんに聞いてみました。

%e6%96%b0%e9%80%a3%e8%bc%89%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-3

Q:制汗剤は毛穴をふさぐってホント?

汗が気になる季節には手放せない制汗剤。ですが、つけ続けていると毛穴がふさがれてしまうというウワサが。本当なのでしょうか? さっそく、この疑問を芳賀さんに聞いてみました!

A:ウソです

「そもそも汗腺は2種類あり、エクリン腺は直接皮膚表面に出口がありますが、アポクリン腺は毛穴に出口があります。ですから、毛穴をふさぐことで抑えられるのはアポクリン腺から分泌される汗ということになります。主に体温調節を担っているのはエクリン腺の汗なので、一時的に毛穴をふさいでしまったとしても問題ないと考えられています。

制汗剤の中には、有効成分が汗の出口にフタをして汗を抑えるタイプのものもあります。しかし、石けんやボディソープなどで洗えば落ちるので、毎日入浴して身体を洗っていれば毛穴が詰まるということはありません」(芳賀理佳さん・以下「」内同)

汗は体温を下げるために出ているもの。一時的にでも毛穴がふさがれてしまうと、体温が下がりにくくなるのでは…。その点はどうなのでしょうか。

制汗剤で体温が下がりにくくなるという心配はない

「汗は“体温の上がり過ぎを防ぐ”という、身体にとって重要な役割を担っています。もし、すべての汗を止めてしまったら、体温が上がってしまい、危険な状態になることも考えられます。しかし、脇から出る汗は身体全体から出る汗のわずか1%程度。止めたとしても、汗の役割である体温調節などに影響はなく、脇に制汗剤を使っても体温が下がりにくくなることは、ほとんどないと考えられます」

ライオン株式会社 ヘルスケアマイスター

芳賀理佳

くらしを彩る製品の香り研究・開発、および身体洗浄剤・制汗剤の開発に約25年携わる。その豊富な知識と経験を活かし、からだの健康・衛生・美容に役立つ情報を発信している。

ライオン株式会社


 

文/土屋美緒

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事