健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2020.5.26

SNSで差をつける「他撮り」写真の鉄則とは?|インフルエンサー柳橋 唯さんが伝授

「あれ?自分だけ変な顔した写真がアップされている…」「ちょっと思ったとおりじゃない写真だけど、再撮お願いできな い…」など、“人に撮ってもらう”=「他撮り」写真にはお悩みがいっぱいだった! 撮られ方&美容メソッドで解決します♪

人に撮ってもらう=「他撮り」写真に実はみんな満足していなかった!

美的世代の多くが活用しているSNS。『美的』1月号では「自撮り」写真への悩みをインフルエンサーに解決してもらいました。しかし、美的クラブメンバーに調査したところ、人に撮ってもらう=「他撮り」写真にもお悩みがいっぱいだったのです。「自撮り」は自分が納得行くまで写真を撮り直せばいいのですが、旅行先や女子会での「他撮り」写真ではそうはいきません。さらに、何枚か撮ったはずなのに、友人のSNSに上がっていた写真が自分だけかわいくなかった…なんてことも。

どうしたらいつも納得の行く写真を撮ってもらえるのか。今回は、「他撮り」写真に慣れているインフルエンサー柳橋 唯さんに、失敗しない「他撮り」写真の方法を聞きました!

 

美的クラブの「他撮り」事情

02

Q.「他撮り」で困ったことはありますか?
f

Q.「他撮り」で困ったことはなんですか?
1位 思っていた写真とイメージが違う。
2位 自分だけ今イチな写真が、友人のSNSに上がっていた。
3位 知らない人に写真を頼むと、再撮をお願いしにくい。

ほかにも…
「不意に撮られると二重あごになる…」
「シャッターが切られるタイミングがわからない…」
「美肌アプリの程よい使い方がわからない…」

インフルエンサー柳橋 唯さん「他撮り」の鉄則

Q.セルフで撮る以外で、 誰に写真を撮ってもらうことが多いですか?

A.友人や子供

 

メイク写真は、明るすぎない所で撮ってもらう

02%e6%98%8e%e3%82%8b%e3%81%99%e3%81%8e%e3%81%aa%e3%81%84%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%af%e5%86%99%e7%9c%9f
「写真を撮ってもらう場所が大事。光が強いと、メイクがとんで見えなくなってしまうので、明るすぎない所で撮ってもらうのがメイク映えする秘訣。また、カメラは顔と水平にしてもらえば、顔が大きく映りません♪」

 

全身写真は、スマホのバースト機能を活用する!

03%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e6%92%ae%e5%bd%b1%e5%85%a8%e8%ba%ab%e5%86%99%e7%9c%9f
「iPhoneのバースト機能を使えば、毎秒10枚の写真が撮影できます。たくさん写るので、とにかく動いていろいろな角度で撮ってもらえば、1枚はいい写真が! スマホを少し下に構え、上に傾けて撮ってもらうと脚長効果も♪」

 

教えてくれたのは…
01%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3
インフルエンサー代表 柳橋 唯さん
インスタ(@yui.yanagihashi)に上げたメイクが話題となりインフルエンサーに。現在は、美的.comにて「柳橋唯のビテキしてみた」動画を公開中。

 

『美的』2020年6月号掲載
イラスト/サトウヨーコ 構成/高橋尚子(本誌)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事