健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2020.1.23

今話題のプチプラコスメ「Fujiko」の生みの親に突撃取材! 使って楽しい&超便利なアイテムの作り方とは?

SNSで人気に火がついた、今話題のプチプラコスメブランド・Fujiko。Fujikoの生みの親であり、(株)かならぼ 社長の吉濱佳奈さんにお話を伺いました。Fujiko誕生秘話とは…!?

「もっと楽にキレイになりたい!私の本音を形にしたのが“Fujiko”です」

リアルな生活にこそヒントは散らばっている
SNSで火がついた「フジコ眉ティント」をはじめ、立ち上げからわずか3年でヒットコスメを連発。ベスコスも受賞するなど、快進撃を続ける「Fujiko」。その生みの親・吉濱佳奈さんはとっても自然体で物腰柔らかな女性。しかし周囲の人いわく、“巻き込む力が強い”とも。

「昔は仕事と子育てで毎日時間もないし、メイクにモチベーションもなかったんです。でもコスメのマーケティングやサンプル製作に携わることになって『やっぱりキレイになるって楽しい!』と改めて感じて。“お手頃価格で、楽にかわいい”。そんな私の理想を形にしたのが『Fujiko』です」

確かに、頭に直接のせるとふんわり髪が復活する「フジコポンポンパウダー」、振って使ってよれにくい「フジコシェイクシャドウ」など、どのアイテムも予想の斜め上を行く楽しさと、機能性にあふれたものばかり。

「アイディアの源は私のリアルな生活です。ヘアもメイクも上手じゃないから、“もっとこんなのがあったらなぁ”とどんどん浮かんでくる(笑)。試作を作るとスタッフからも『もっとこうしたいね』と意見が出て、ますます“いい子”になっていくんです。皆さんにとってFujikoがいつも頼りになる親友みたいな存在になれたらうれしいですね」

biteki1028-02

146a2499
「日本で最初に店頭に並べたかったのでとにかくスピード勝負でした」(吉濱さん)
かならぼ フジコ眉ティントSV ¥1,280

自分がワクワクできるアイテムしか作らない!吉濱さんのモットー

【モットー1】“使ってすぐにいきなりかわいい”が合い言葉!

テクニックいらずで”なりたい顔”をかなえてくれるFujiko。
「ネーミングもわかりやすく、”ポンポン”とか”色っぽ”など、動作や結果がイメージしやすいワードをちりばめています。夜デザイナーとLINEで雑談しながら、いい言葉が浮かんだりも!」(吉濱さん)

\つないだり重ねたり♪遊び心満載のミニルージュ/
1007-%e7%be%8e%e7%9a%84-01-0004
「水分約30%で生の唇を感じる透け発色がこだわりです」(吉濱さん)
かならぼ フジコミニウォータリールージュ 各¥1,100

\韓国のCAさんのおでこを見てひらめいた!/
%e3%83%95%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%b3%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%b3%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%88%e3%82%99%e3%82%a62
おでこの隙間や生え際に塗るだけで小顔効果が。ハイライトもシェーディングも必要なし!
かならぼ フジコdekoシャドウ ¥1,650

\とかすだけで簡単ウェットヘアに/
%e3%83%95%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%b3%e8%89%b2%e3%81%a3%e3%81%bb%e3%82%9a%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af_%e7%94%bb%e5%83%8f
ヘアワックスとコームが一体化。手を汚さずツヤも束感も一気に出せる。
かならぼ フジコ色っぽスティック〈ケース付き〉 ¥1,400

 

【モットー2】社員全員が一丸となって“スピード感”を大切に

\アイディアを出し合う会議も笑顔が絶えない/
%e4%bc%9a%e8%ad%b0
スタッフは現在11人。
「むやみに会社を大きくしようとは思ってないんです。この規模だからみんなで同じ方向で走れる。それぞれが最強な状態で働ければ理想ですね」(吉濱さん)

 

\ちなみにプライベートは…/
%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%88

実は10歳になる男のコのママ。
「土日は完全オフで家族の時間に。息子の所属するサッカーチームのマネジャーもしています」

 

お話を伺ったのは…
1007-%e7%be%8e%e7%9a%84-01-0032
(株)かならぼ 代表取締役社長 吉濱佳奈さん
よしはまかな/話題のプチプラコスメ「Fujiko」の生みの親。スタッフも太鼓判をおす決断力と巻き込み力で、コスメ界に新風を起こす若きリーダー。

 

『美的』2020年1月号掲載
撮影/瀬津貴裕(biswa) イラスト/カツヤマケイコ 構成/野村サチコ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事