健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2019.3.15

3泊4日のお手軽クルーズ!船上でのおすすめの過ごし方【キレイになる旅Vol.65】

“美容に仕事に日々忙しい女子こそ、船に乗るべき!”と、私もしみじみ感じた「ゲンティン ドリーム」のクルーズ体験。

genting_dream_aerial-19-10-2016-00145

前回の記事では船旅を選ぶ理由をお伝えしましたが、今回からはじっくり、実際に3泊4日のクルーズでできる体験をレポートしていきます。(※日本からの移動を含めると、5泊6日間)

船の発着場所はシンガポールだったため、まずは飛行機でシンガポールのチャンギ空港へ。私は、羽田空港からANA(全日空)の直行便で向かいました。東京からシンガポールへは、日系、外資系航空会社を合わせて多くの便がでているので、アクセスも便利です。(2019年3月現在)

p1204258 p1204234

深夜便で早朝にシンガポールに着いたため、まずは、マリーナエリアの市内観光を楽しみました。乗船前に街歩きができるのも、旅の楽しみが広がりますよね。

p1204245

夕方前には港のマリーナベイクルーズセンターへ向かい、いよいよ船にチェックイン。

img_4603

出港時はデッキにでて、心地よい風を感じるのがおすすめ。

p1204306

市内のビル群が次第に遠くなっていくのをゆっくり眺められるのは、船旅ならではの贅沢です!

p1204304

 

洋上の景色を堪能できる! キャビンは予想以上の居心地の良さ

船の中で最も大きなスペースを占める客室は、「キャビン」と呼ばれています。今回滞在した「バルコニー ステートルーム」は、全室が海に面していてバルコニー付き。日本人ゲストにも人気の高い客室だそう。

img_4615

ホテルのカテゴリーで例えると、スーペリアクラスのランクのお部屋でしょうか。広さは20平米ほどですが、明るいインテリアと曲線を活かしたモダンな家具の配置で窮屈さはなく、もっと広く感じました。

この客室に宿泊する場合、同じクルージングプランで「クルーズプラネット」社では¥153,000~(往復の航空券やシンガポール半日観光、空港送迎付き)、「ベストワンクルーズ」社では¥93,600~(各1室2名利用時の1名料金)と、ホテルと変わらない価格。そのうえ、食事や多くのアクティビティが含まれているので、お得感はそれ以上です。

個人的に気になるのは、水回り。さすがに船内ですから、シャワーのお湯の出方は少なめだろうな、と思っていましたが、毎回、快適なお湯の量が出たことにも、ひとかに感激していました(笑)。船内ではWi-Fiも使え(有料)、クローゼットやPCを広げられるデスク、ベッドサイドにはUSB電源も配され、居心地は抜群です!

img_4801

 

毎日、見逃せない! 迫力あふれる日替わりのショー

クルーズの醍醐味のひとつは、ショーが日替わりで毎日見られること! そこで、初日に客室でチェックしたいのはショーの時間です。

船内新聞「ドリームデイリー」には、乗船中のレストランやショーの時間から、免税品のタイムセールまで、ありとあらゆる情報が記載されているので、船内で持ち歩くと良いでしょう。クルーズ中は、船内のボックスオフィスだけでなく、ドリームクルーズのアプリを使って、どこにいてもショーの予約が簡単にできるのはとても便利です!

この写真の新聞は英語で書かれていますが、2019年3月出発以降のクルーズには日本語スタッフが乗船していて、日本語の船内新聞も配布されるようになったそう! 英語に不安がある方も、存分に満喫できそうですね。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

この日は7F前方にある999席を誇る本格シアター「ゾディアックシアター」で、ドリームクルーズの2作目のシグネチャーショー「“SONIO”(ソニオ)」を鑑賞しました。

h95a3562

プロフェッショナルなパフォーマーたちによる、現実とは思えないような動きの数々に片時も目が離せず、まさに夢の世界へ誘われているよう! これから始まるミラクルな船旅を予感させます。

h95a3639

 

有料レストランで、贅沢なグリル料理に舌鼓

前回の記事でお伝えしたように、船内には無料のレストランもいくつかあります。でも、滞在中に1度くらいは、有料のラグジュアリーなレストランで気分を上げるのも良いかも。そう思い、比較的時間に余裕があった初日のディナーに、有料の「シーフードグリル&プライムステーキハウス by マーク・ベスト」へ。

オーストラリアのスターシェフ・マーク・ベスト氏が監修したシックなレストランで、8Fの前方にあります。ロブスターや牡蠣、ムール貝など、新鮮な魚介やオーストラリア産の和牛を、お好みのスタイルで調理していただける、創作料理に舌鼓。

p1204401

船にいて外を移動する緊張感がないからか、あまり得意でないお酒も普段よりちょっぴり進んでしまいました。

p1204400 p1204392

お腹が満足して、遊び疲れたら、いつでもキャビンに戻れば良いという安心感は、女子にとって本当にありがたいもの。翌朝には別の国、マレーシアのペナン島に着いているなんて不思議だな~と思いながら、波の音を聴きながらぐっすり眠りにつきました。

p1224930

◆女子の船旅デビューにおすすめのクルーズの魅力はこちら>>

 

<取材協力>

ドリームクルーズ(日本語サイト)>>

 

%e7%9f%b3%e5%8e%9f%e6%9c%89%e8%b5%b7%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

ビューティ&トラベルライター
石原有起(いしはら・ゆき)

大学卒業後、女性誌やウェブサイトを中心に、美容、旅行関連の取材・執筆を行うほか、美容皮膚科医や美容師などの専門家や、メディアに向けたレターの製作、TV・ラジオ出演、講演など多方面で活動中。現在は、“旅=楽しむだけでなく、美を磨くためのエッセンス”と捉え、国内外を問わず、旅先で美容スポットを体当たりで巡る取材を多く行う。“人生を彩るために、美容する”がモットー。

■ブログ:http://yukiishihara.com/
■Instagram:@yukiishihara1112

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事